流氷船に乗る。流氷の上を歩く。流氷列車に乗る。

流氷船に乗る。流氷の上を歩く。流氷列車に乗る。

北海道のオホーツク海に今年も流氷がやってきました。今年の網走の流氷初日は1月13日。平年より8日も早い観測です。九州ではすでに梅の便りが聞かれますが、オホーツク海は流氷で埋めつくされ、海が真っ白になっています。これから3月まで流氷でが押し寄せるオホーツク海岸では、流氷船や流氷列車、流氷ウォークなどのアクティビティで流氷を楽しむことができます。

網走流氷観光砕氷船「おーろら」。氷で覆われた白い水平線を観光

日本で流氷が見られるのは北海道の北東部、オホーツク海の沿岸です。中でも網走は北緯44度で、オホーツク海で流氷を見ることができる最南端です。
流氷の時期になるとオホーツク海は氷で白く埋めつくされ、遥か遠い水平線まで氷の世界に様変わりします。そんな見渡す限りの白い海を、網走流氷観光砕氷船「おーろら」に乗って観光することができます。網走港から出発し、約1時間のクルーズ。
船底に氷の塊がゴンゴンぶつかると、そのたびに船が振動するので迫力満点。デッキに出ると、手が届きそうな近さで大きな流氷を見ることができます。
天気がいいと、展望デッキからは、氷の上でのんびりと昼寝をするアザラシをはじめ、オジロワシやオオワシなど、流氷とともに訪れる動物に出会えることもあります。
網走地方気象台の発表によると、今年は1月13日に「網走流氷初日」が発表されました。平年よりも8日早い観測で、オホーツク海は流氷で埋まっています。「おーろら」の運行は4月3日まで。毎日運航してます。
公式サイト


オホーツク紋別 流氷砕氷船「ガリンコ号」。流氷をガリガリ砕いて進む

観光客船の「おーろら」と違い、「ガリンコ号」はその名の通り、大きなドリルで流氷をガリガリ砕いて突き進みます。この迫力ある砕氷は、ガリンコ号ならではの醍醐味です。
先端部に装備されている大きなドリルは、アルキメディアン・スクリュー。巨大なネジ型のドリルで、ネジを回すと前に進む、というアルキメデスのネジの原理を利用しています。このネジを回転させることによって、厚さ60cmもある流氷を割って進むというわけです。
流氷を割ってガリンコ号が進んだ跡には、流氷で真っ白に埋めつくされた海に一筋の青い航跡が残ります。
今季の運行は3月31日まで。完全予約制。運行時間は約1時間。サンライズ・クルーズとサンセット・クルーズも人気です。
公式サイト

専用スーツを着て「流氷ウォーク」。海に浮かぶこともできる!

雪が積もらない地方の人が冬の北海道に行き、流氷で覆われて真っ白になっている海を見るだけでも感動ですが、オホーツク海沿岸に位置する知床斜里のウトロではなんと、流氷の上を歩くことができるツアーが人気です。しかも、流氷の上を歩くだけでなく、流氷の海に浮かぶこともできるのです。
ウォークには、専用のドライスーツを着用します。スーツは高い保温性と浮力を兼ね備えており、ブーツ一体型です。また、洋服の上から着るので着替えも簡単です。
ガイドが安全の確認をしながら先頭になって歩きます。途中、飛び石のごとく氷を渡り歩いたり、ラッコになった気分で氷の海に浮かんだりなど、大自然を体験しながら進みます。
所要時間は1.5時間。ツアーは午前2回と午後2回。今季は3月31日まで体験できます。
公式サイト

オホーツクの海岸線をゆっくり走る観光列車「流氷物語号」

JR釧網線の網走−知床斜里の間を走る列車、「流氷物語号」の運行が2月2日からはじまりました。
運行は毎日2便。オホーツクの海岸線をゆっくりのんびり走る、季節列車です。車窓からは、遠くに知床連山を眺めながら、流氷が漂うオホーツク海を見渡すことができることもあります。
2016年まで運行していた「流氷ノロッコ号」の後継として2017年からスタートした2両編成の観光列車で、車体のデザインは、知床連山などが描かれた青と、クリオネなどが描かれた白の2種類。
網走から発車する1号と3号は、途中の北浜駅で10分停車します。北浜駅はオホーツク海にもっとも近い駅として有名で、展望台からは目前に流氷を見ることができます。一方、知床斜里から発車する2号と4号は、途中の浜小清水駅で20分停車します。駅に隣接する道の駅「はなやか小清水」では、JR記念きっぷなどを販売しています。
流氷物語号は乗車時間およそ1時間。乗車券は自由席のみで840円で、今季は3月3日まで運行します。
公式サイト
〈参考:北海道新聞(夕刊)2019.2.2「車窓から感動 流氷物語号」〉
今年は「順調に」気温が下がり、平年より早く流氷がやってきました。立春が過ぎ、春が待ち遠しくなりますが、北海道はまだまだ冬本番。流氷が楽しめるのは、一年のうちのこの時季だけ。押し寄せる流氷で海が白く埋めつくされるオホーツク海。一生に一度は見ておきたいものですね。

<注意事項>
■写真はイメージです
■各施設を利用する際のルールや、営業日時・料金・イベントなどの詳細は、おでかけ前に公式サイトなどで最新の情報を必ずご確認ください


関連記事

おすすめ情報

tenki.jpの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索