今の時期、真夏のような暑さになる日もあり、体調を崩したり、疲れを感じている方も多いかもしれません。暑くなり始めのこの時期は、体が暑さに慣れていないために、熱中症になる危険性が高く注意が必要です。体が暑さに慣れることを暑熱順化といいます。そのためには、日常生活の中で運動や入浴をすることで適度に汗をかき、体を暑さに慣れさせておくことが必要なのだとか。
今回は、汗をかいた時の水分補給はもちろん、熱中症対策にもおすすめの、手軽にできるアレンジドリンクをご紹介します。

定番の「麦茶」に、塩と砂糖をプラスして熱中症対策!

ウーロン茶、紅茶、緑茶などのお茶にはカフェインが含まれています。カフェインには利尿作用があるため、水分補給という点ではカフェインが含まれていない方が理想的。麦茶にはカフェインが含まれておらず、原料となる大麦には体温を下げるはたらきがあるといわれています。
塩と砂糖を入れた「ミネラル麦茶」で熱中症予防ドリンクに。塩と砂糖のはたらきで、水分の吸収がよくなります。甘みが気になる場合は塩のみでもOKです。
【ミネラル麦茶】
・麦茶:200ml
・天然塩:ひとつまみ(0.2g)
・砂糖:小さじ1強(5g)


ビタミン・ミネラルの宝庫!「はちみつ」で素早くエネルギーチャージ

はちみつには、酵素やビタミンBをはじめとしたビタミン類、アミノ酸、ミネラル、ポリフェノールなどの成分が、体に吸収されやすいかたちで含まれています。ビタミンやミネラルの宝庫で、すばやくエネルギー源となるのが特徴なので、暑い季節のドリンクに用いるのは理想的といえます。
疲労回復に役立つクエン酸を含むレモンと、汗をかいた時に失われるナトリウムやミネラルなどを補給する天然塩をプラスして、熱中症予防と水分補給に。
【はちみつ塩レモン水】
・水:500ml
・天然はちみつ:大さじ2杯(40g)
・天然塩:小さじ1/4(1.5g)
・レモン(またはライム)果汁:大さじ1(15ml)

「きゅうり」で手軽に水分補給!爽やかな「キューカンバーウォーター」

代表的な夏野菜、きゅうり。約96%が水分なので、そのまま食べても水分補給ができるほど。ビタミンC、Kやカリウムも含まれており、暑い時期のむくみやだるさの改善にぴったりです。マイボトルに水ときゅうり、レモンを入れたキューカンバーウォーターは、海外では夏の定番ドリンクだそう。蒸し暑くて体が重く感じる日は、きゅうりのフレッシュな青味でリフレッシュしましょう。
きゅうりの香りを抑えたい時は、ミントなどのハーブや季節の果物を加えてみてはいかがでしょうか。作ったドリンクは、その日のうちに飲み切ってしまうのがおすすめです。
【キューカンバーウォーター】
・水:1L
・レモンのスライス:4枚
・きゅうり:1/2本(縦長の短冊状にスライス)
※1時間ほどおく
野菜や果物、ハーブは、できるだけオーガニックで新鮮なものを選びたいですね。身近にある食材をひと工夫して、蒸し暑い季節を健やかに過ごしましょう。

・参考文献
前田京子『ひとさじのはちみつ』マガジンハウス
吉田企世子『旬の野菜の栄養事典』エクスナレッジ
・参考サイト
おいしい大麦研究所