これから家族でキャンプを始めるというときに、まず購入したいのがテントですよね。ただキャンプテントといっても種類がとても豊富で、価格帯も幅広くラインナップされています。あまりにも選択肢が多いので、初心者だとどれを購入したらいいのか迷ってしまうかもしれません。
そこで今回は、ファミリーキャンプで使える初心者に適したテントの選び方について、わかりやすく解説していきます。これからキャンプを始めようという人は、ぜひテント選びの参考にしてください。

ファミリー用テントを選ぶときのポイント

初心者がファミリー用テントを選ぶときに、意識してもらいたいのが次の4点です。
● 使用する人数+1〜2人でサイズを選ぶ
● 設営が簡単なテントが理想
● 5万円前後の予算で選ぶ
● 好みのデザインであること
まず大事なのはサイズです。テントにはそれぞれ「4人用」というように利用できる人数が記載されています。これを「うちは4人家族だから、4人用でちょうど」と思って購入すると失敗します。4人用のテントには、4人が寝袋で寝るのにちょうどいいスペースしかありません。
テント内に着替えなどの荷物を置くとスペースに余裕がなくなり、窮屈に感じてしまいます。このためテントは「使用人数+1〜2人」で選びましょう。家族4人で使うなら「5〜6人用」のテントがおすすめです。
そして何よりも設営が簡単なことが重要です。これに関しては特殊なテントでもない限り問題ありませんが、家具の組み立てなどが苦手という自覚があるなら、設営が簡単なポップアップテントやワンタッチテントを選びましょう。
価格帯については後ほど詳しく解説しますが、4人家族なら5万円くらいのテントを選びましょう。このとき耐水圧が1,500mm以上あるテントを選べば、大抵の雨はしのげます。豪雨対策をするなら耐水圧2,000mm程度のテントから選んでください。
最も大事なのはデザインに妥協しないという点です。ここで妥協すると他の人のテントを見て羨ましく感じてしまい、すぐに買い替えることになるかもしれません。上記3点を満たしつつ、見た目も満足できるテントを選びましょう。

少し大きめの設営しやすいテントを選ぼう
少し大きめの設営しやすいテントを選ぼう


安価なテントと高価なテントはどこが違う?

ファミリー用テントでも安いものは1万円台からあり、高額なものになると10万円以上します。広さも見た目もそれほど変わらないのに、値段が何倍も違うとなると、どこにその差があるのか気になりますよね。
● 生地やフレームの素材が違う
● フレームの本数が違う
安価なテントと高価なテントの大きな違いはこの2点です。高価なテントは良質な素材を使っており、十分な強度を保つためにフレームが多くなっています。これにより冬の雪山といった厳しい環境でもテント内が安全な空間になります。
1万円台の格安テントは安い素材を採用したり、強度もそこまで強くありません。だからといって格安テントがNGというわけではなく、大事なのはどこで使うかということです。例えばベランピングのように安全な場所で使うなら、格安テントでもまったく問題ありません。
ただ格安テントは耐久性も耐水圧も低いことが多いので豪雨が発生するとテント内に雨が染み込んでくるといった問題があります。もちろん積雪にも対応できません。
反対に10万円以上するような高価なテントは、ファミリーキャンプに利用するにはハイスペック過ぎます。デザインが気に入って予算に余裕があるなら高価なテントを選んでも構いませんが、用途を考えるとコストパフォーマンスが良いとは言えません。
そういう意味で初心者向けのテントとして「5万円前後の耐水圧が1,500mm以上あるテント」をおすすめします。これくらいの予算のテントなら安っぽさもなく、雨風もしっかりと防ぐことができるので安心して宿泊できます。

用途に適した価格帯のテントを選ぼう
用途に適した価格帯のテントを選ぼう

家族におすすめはドーム型テントとツールーム型テント

ここまでの説明でテント選びのポイントを把握してもらえたかと思いますが、もう少し具体的に知りたい方もいると思いますので、ファミリーキャンプに適したテントのタイプについてもご紹介しておきます。
テントにはいくつかのタイプがありますが、最初に購入するテントは「ドーム型テント」もしくは「ツールーム型テント」のいずれかを選びましょう。
■ ドーム型テント
ドーム型テントは設営がやや面倒というデメリットがありますが、スタンダードなスタイルのテントなので価格も安くて選択肢が多いというメリットがあります。空間も圧迫感がなく、雨風をしのぎやすいといった特徴もあります。
リビングとしてタープを別途用意するのが面倒でなければ、ドーム型テントを選んでおいて間違いありません。
■ ツールーム型テント
ツールーム型テントは寝室とリビングが分かれているテントで、設営はドーム型テントよりも難易度が上がりますが、タープを張る必要がないのでトータルのサイト設営時間はそれほど変わりません。リビングと寝室が隣接しているので、親が付き添わなくても子どもが安心して寝られるというメリットもあります。
ただしツールームテントは大きく重く、価格もやや高価といったデメリットもあります。お手入れも大変ですので、ベランダなどテントを干せる場所を確保できる人におすすめです。

まずはドーム型テントとツールーム型テントがおすすめ
まずはドーム型テントとツールーム型テントがおすすめ

自分たちのキャンプスタイルに最適なテントを選ぼう

どのテントも一長一短あり、すべての人に最適なテントというものはありません。まずは自分たちのキャンプスタイルをイメージして、その用途と予算に応じて最適なテントを選びましょう。どのようなキャンプをしたいかが明確になれば、理想のテントが見えてきます。
ただ最初はイメージと実際の使い勝手が必ずしもマッチするわけではなく、いずれテントを買い替えることになると思います。ですので、いきなり高価なテントを買うのではなく、まずは程よい価格帯のスタンダードなドーム型テントやツールーム型テントを選びましょう。
ちなみにテントは5〜10年で寿命を迎えるので、そのタイミングで理想のテントに買い替えればOKです。最初から100点満点を狙う必要はありません。ただし、安物買いの銭失いにだけはならないように気をつけましょう。

まずはスタンダードなテントを購入して5〜10年後に買い替えよう
まずはスタンダードなテントを購入して5〜10年後に買い替えよう