ライトアップされた紅葉を愛でながら歩くのは、大人ならではの楽しみですね。秋の陽ざしに輝いていた紅葉が、ほのかな灯に照らされて私たちを幽玄の世界へと誘います。今回は、栃木県・群馬県・茨城県の紅葉から4つの名所をご紹介します。まだまだ自由な遠出とはいきませんが、日本各地の訪れてみたいスポットをおうちでじっくりリストアップしてみませんか♪
紅葉狩りには『tenki.jp 紅葉見ごろ情報』『tenki.jp お出かけスポット天気』の情報も、ぜひお役立てください。
※外出の際は、手洗い、咳エチケット等の感染対策や、『3つの密』の回避を心掛けましょう。
※新型コロナウイルス感染拡大の影響で外出の自粛を呼び掛けている自治体がある場合は、各自治体の指示に従いましょう。
※お出かけの際は、各施設、イベントの公式ホームページで最新の情報をご確認ください。

晩秋のフォトスポット!もみじのトンネルが真っ赤に染まる/大山参道(栃木県那須塩原市)

明治期に活躍した大山巌(おおやまいわお)元帥墓所の参道に植えられた、イロハモミジの並木です。旧西那須野町に寄贈されてからは「大山公園」として人々の憩いの場所になっています。毎年秋になると、紅葉のトンネルが鮮やかに色づきます。例年の見ごろは11月中旬から下旬。降り注ぐような赤に圧倒され、下を通ったらカメラを出さずにはいられない! そんな晩秋のフォトスポットです。見ごろに合わせてライトアップもおこなわれ、昼間とはちがった幻想的な空間が現れます。
大山参道
■所在地:栃木県那須塩原市下永田2-3
■問い合わせ:0287-62-7160(那須塩原市 建設部都市整備課)
■紅葉の種類:イロハモミジ
※詳細は公式サイトをご参照ください

※写真はイメージです
※写真はイメージです


紅葉に包まれる温泉街!夜は朱塗りの橋が美しくライトアップ/伊香保温泉(群馬県渋川市)

古くから湯治場として人々に愛されてきた名湯です。秋には温泉街が紅葉の美しい色に包まれます。とくに源泉近くにある朱塗りの太鼓橋「河鹿橋」周辺は、迫力ある絶景が楽しめる名所となっています。見ごろの時期にあわせて夜間のライトアップも! 日中とは雰囲気が大きく変わる幽玄の紅葉を、しっとりと愛でることができますよ。周辺にはいくつもの紅葉スポットがあるので、温泉街の風情を味わいながら散策を楽しんでみてはいかがでしょうか。
伊香保温泉
■所在地:群馬県渋川市伊香保町伊香保
■問い合わせ:0279-72-3151(渋川伊香保温泉観光協会)
■紅葉の種類:モミジ、クヌギ、ウルシ、カエデ
※詳細は公式サイトをご参照ください

※写真はイメージです
※写真はイメージです

北関東屈指の日本庭園!ライトに浮かびあがる紅葉は荘厳な美しさ/徳明園(群馬県高崎市)

北関東屈指の規模を誇る、回遊式の日本庭園です。群馬の銘石とされる三波石の巨石群や溶岩、名工「楽山」による楽しい作品、そしてさまざまな植物たち。作庭した山田徳蔵氏の、商人ならではの遊び心がたっぷり詰まっています。秋深まると、燃えるようなもみじの赤! 山の斜面に造られた庭園のため高低差があり、見ごろが長めに楽しめるのも魅力です。例年11月中旬〜下旬の土日祝日にはライトアップを開催。昼とは全く異なる荘厳な雰囲気をぜひ味わってくださいね。
徳明園
■所在地:群馬県高崎市石原町2857
■問い合わせ:027-323-3766(徳明園)
■紅葉の種類:モミジ
※詳細は公式サイトをご参照ください

※写真はイメージです
※写真はイメージです

黄金色に輝くイチョウ並木!歴史と文化を味わう紅葉散歩/茨城県立歴史館(茨城県水戸市)

茨城県の歴史をさまざまに知ることができる施設です。秋になると、敷地内に植えられたイチョウ並木が鮮やかな黄色に染まります。毎年見ごろを迎える県民の日(11月13日)を中心に、各種イベント、ライトアップなどが開催されます。2020年の「いちょうまつり」の様子は公式サイトのYouTube動画でもご覧になれますよ。広い敷地のなかには本館のほか、移築された江戸時代の農家建築や明治時代の洋風校舎も。歴史と文化を味わう紅葉散歩はいかがでしょうか。
茨城県立歴史館
■所在地:茨城県水戸市緑町2-1-15
■問い合わせ:029-225-4425(茨城県立歴史館)
■紅葉の種類:イチョウ
※詳細は公式サイトをご参照ください

北関東の紅葉はいかがでしたか? 今年のライトアップ開催については、お出かけ前に必ず最新情報のご確認をお願いします。お住まいの近くにある紅葉スポットも、ぜひチェックしてみてくださいね!

※写真はイメージです
※写真はイメージです