キャンプが楽しい思い出になるかどうかは、キャンプ料理にかかっていると言っても過言ではありません。自宅では作れない美味しいキャンプ料理を作れたら、子どもたちも「またキャンプに行きたい」となりますし、仲間とのキャンプもお酒が進んで楽しい時間を過ごせます。
初めてのキャンプであれば、まずは自宅にある調理器具を持ち出すのもいいのですが、それだと使い勝手が悪かったり、キャンプならではの料理が作れなかったりします。そこで今回は、キャンプがもっと楽しくなるための調理器具の選び方をご紹介します。

最初に揃えたい基本の調理器具

まずは最初のキャンプで揃えておきたい調理器具をリストアップします。
● クッカー(鍋)
● フライパン
● ガスバーナー or ガスコンロ
● BBQグリル
● マグカップ or シェラカップ
● 包丁 or ナイフ
● まな板
● 菜箸・フライ返し・おたま
これらがあれば基本的な料理はひと通りできます。まずはこれらの調理器具を使いこなせるようになってから、ダッチオーブンなどを買い足していきましょう。ただ、キャンプといえばダッチオーブンですので、これからもキャンプを続けるなら最初に揃えても構いません。
家族や仲間とキャンプをするのであれば、包丁やまな板などは2セット以上あると便利です。人数に合わせて自宅の調理器具を追加するなどしましょう。

まずは基本の調理器具を揃えて、慣れてきてから増やしていきましょう
まずは基本の調理器具を揃えて、慣れてきてから増やしていきましょう


調理道具は用途に合わせて選ぼう

キャンプ用のクッカーやフライパンを購入するときに意識してもらいたいのが、調理器具の素材です。キャンプに適した調理器具は、用途に適した素材で作られたものを購入するのが基本です。一般的な素材と適した用途を見ていきましょう。
【アルミニウム】
メリット:安価・軽量・熱が伝わりやすくお湯がすぐに沸く
デメリット:凹みやすい・長持ちしない
【ステンレス】
メリット:錆びにくい・お手入れが簡単・頑丈で長く使える
デメリット:重い・調理に時間がかかる
【鉄】
メリット:長く使える・愛着がわく・保温性が高い
デメリット:重い・手入れが大変・料理が鉄の味になりやすい
この他にもチタンやホーローなどもありますが、まずはアルミニウム・ステンレス・鉄のいずれかで始めればOKです。お湯を沸かす鍋などはアルミニウムが最適で、煮物などの時間をかけて調理をする料理はステンレスや鉄がおすすめです。
作りたい料理に合わせて、最適な素材の調理器具を揃えましょう。

調理器具は素材ごとにメリットとデメリットがあります
調理器具は素材ごとにメリットとデメリットがあります

工夫が楽しいコッヘルもおすすめ

ここまではファミリーキャンプなど複数人でのキャンプに必要な調理器具の選び方をご紹介しましたが、ソロキャンプをするなら調理器具をあれこれ揃えるより、コッヘルとバーナーという組み合わせがおすすめです。
コッヘルは登山などで使われている小型軽量の調理器具で、本格的な料理をするのには適していませんが、1人分の料理であれば大抵のことはできてしまいます。例えば肉を焼いたりスープを作ったりすることもできますし、ご飯を炊くこともできます。
不便さもありますが、不便であることを克服するのがキャンプの楽しみでもあります。最近はメスティンと呼ばれる角型の飯盒が流行りで、インターネットで調べるとキャンプで楽しめるメスティン料理のレシピがいくつも見つかります。
小学生くらいのお子さんでも作れるキャンプ料理レシピもありますので、子どもに料理の楽しさを学んでもらうのに適しています。ファミリーキャンプでもあえてコッヘルやメスティンを使って、自分の食事は自分で調理するといった使い方をしてみてはいかがでしょう。
キャンプはどれだけ自由な発想ができるかで、楽しみの幅が変わってきます。コッヘルはソロキャンプで使うものという概念を忘れて、ぜひファミリーキャンプでもコッヘルを活用してみてください。

不便さを解決するための工夫を楽しめるコッヘルやメスティンもおすすめ
不便さを解決するための工夫を楽しめるコッヘルやメスティンもおすすめ

お手入れは手を抜かずに丁寧に

キャンプ用の調理器具は自宅の調理器具よりも雑に扱いがちですが、実際には自宅の調理器具よりもしっかりとお手入れしなくてはいけません。どのキャンプ用調理器具も、基本的な考え方は「キャンプ場で簡易的に汚れを落とし、自宅でしっかり洗う」です。
キャンプ場は水がそれほど豊富でないことが多く、節水を心がける必要があります。そのような環境で、水や洗剤を使ってゴシゴシ洗うのはマナー違反。
1.食べ残しを取り除く
2.調理器具でお湯を少しだけ沸かして油を浮かせる
3.キッチンペーパーで汚れを拭き取る
ここまでがキャンプ場でのお手入れの流れです。あとは自宅に戻ってから、すぐに中性洗剤などでしっかりと汚れを取り除きましょう。疲れていても、その日のうちにお手入れするのがポイントです。汚れがこびりつく前に落としてしまいましょう。
特に鉄の調理器具は絶対に放置せずにすぐに洗ってください。洗うのを忘れて1週間放置していたら錆だらけになっていることもあります。キャンプに慣れるまでは、鉄よりもステンレスの調理器具のほうがお手入れをしやすく初心者向きです。
初心者の場合はお手入れが面倒でキャンプに行かなくなることもありますので、お手入れのしやすい素材の調理器具を揃えるのもおすすめです。鉄の調理器具に憧れるかもしれませんが、それらは慣れてから買い揃えていきましょう。

キャンプ場では軽くお手入れをして帰宅後すぐに洗いましょう
キャンプ場では軽くお手入れをして帰宅後すぐに洗いましょう