フェデラー クリロナ抜いて1位


ロジャー・フェデラー
画像提供:ゲッティ イメージズ

国際スポーツ記者協会のAIPSは12月29日に2017年の最優秀アスリートを発表し、男子の部ではテニスで現在世界ランク2位のR・フェデラー(スイス)、女子の部ではテニスで元世界ランク1位のS・ウィリアムズ(アメリカ)が選出された。

同賞は112カ国517名のジャーナリストの投票によって選出され、日本からも参加している。

2017年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)やウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)など7大会で優勝を飾り完全復活した36歳のフェデラーは、今回で4度目の受賞。人類史上最速のスプリンターと評される昨年引退した元陸上競技短距離選手のウサイン・ボルトの6度受賞に迫っている。

投票では1位のフェデラーが928票を獲得。続いて、サッカークラブのレアル・マドリードに所属するクリスティアーノ・ロナウドが788票、同じくサッカーでFCバルセロナに所属するリオネル・メッシが530票と続いてる。

4位にはF1ドライバーのルイス・ハミルトンが358票で入り、5位には男子テニスで現在世界ランク1位のR・ナダル(スペイン)が351票で選ばれた。

一方、女子の部ではセリーナが651票を獲得して1位に輝いたが、リオデジャネイロ オリンピックで金メダルを3個獲得した競泳選手であるホッスー・カティンカが20票差の631票で2位につけた。

3位にはロンドン オリンピックで金メダルを3個獲得した陸上競技短距離選手のアリソン・フェリックスが495票、4位にはロンドン オリンピックとリオデジャネイロ オリンピックで計5個の金メダルを獲得したケイティ・レデッキーが442票で続いている。そして、女子テニスで現在世界ランク2位のG・ムグルサ(スペイン)は351票で5位。

また、サッカーのクリスティアーノ・ロナウドが所属するレアル・マドリードがベストチーム賞を獲得した。

2017年に数々の賞を受賞したフェデラーは現在エキシビション 国別対抗戦ホップマンカップ(オーストラリア/パース、ハード)に出場しており、その後は15日に開幕する全豪オープンに出場予定。

9月に長女を出産したセリーナは12月30日に行われたエキシビジョンのムバダラ・ワールド・テニス・チャンピオンシップ(アラブ首長国連邦/アブダビ、ハード)でJ・オスタペンコ(ラトビア)に敗戦も復帰を飾った。セリーナも同じく全豪オープンにエントリーしている。






■関連ニュース

・世界1位候補7選手を発表
・セリーナ復帰 敗戦も全豪へ弾み
・日本 スイスに0勝3敗で黒星

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・世界ランキング
・スコア速報

関連記事

tennis365.netの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索