金星 世界88位が第3シード撃破


金星をあげたシュウェイ
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は4日目の18日、女子シングルス2回戦が行われ、世界ランク88位のシェ・シュウェイ(台湾)が第3シードのG・ムグルサ(スペイン)を7-6 (7-1), 6-4のストレートで破る金星をあげ、10年ぶり2度目の3回戦進出を果たした。

>>全豪OP 対戦表<<

>>大坂vsヴェスニナ 1ポイント速報<<

この試合、シュウェイは序盤からミスが先行するムグルサから4度のブレークに成功し、1時間59分で勝利を手にした。

3回戦では、第26シードのA・ラドワンスカ(ポーランド)と対戦する。ラドワンスカは2回戦で世界ランク43位のL・ツレンコ(ウクライナ)を逆転で下しての勝ち上がり。

32歳のシュウェイは、これまでツアー2大会でタイトルを獲得しており、昨年はホアヒン・チャンピオンシップ2017(タイ/ホアヒン、ハード、125Kシリーズ)で準優勝。今季初戦のASBクラシック(ニュージーランド/オークランド、ハード、インターナショナル )ではベスト4に進出した。

過去の全豪オープンでは、2008年にベスト16進出を果たしている。

また、同日には第9シードのJ・コンタ(英国)もB・ペラ(アメリカ)に4-6, 5-7のストレートで敗れ、2回戦で姿を消した。

今大会は、昨年ファイナリストで第5シードのV・ウィリアムズ(アメリカ)、昨年4強で第10シードのC・バンデウェイ(アメリカ)、昨年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)で四大大会初優勝を果たした第13シードのS・スティーブンス(アメリカ)らが初戦で敗れる波乱に見舞われた。






■関連ニュース

・全豪初日 初戦敗退の波乱続出
・ジョコ 全豪ボイコット否定
・杉田 祐一 ファンへの感謝忘れず

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・世界ランキング
・スコア速報

tennis365.netの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索