悲劇 複ペアで膝が顔面直撃


楽天OP時のティーム/ シュワルツマン組
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスのアルゼンチン・オープン(アルゼンチン/ブエノス・アイレス、レッドクレー、ATP250)は12日に大会公式ツイッターで、D・ティーム(オーストリア)とD・シュワルツマン(アルゼンチン)に事故が起きていたことを掲載した。

>>錦織vsルービン 1ポイント速報<<

>>錦織らニューヨークOP対戦表<<

今大会のダブルスでペアを組むティームとシュワルツマンはJ・S・キャバル(コロンビア)とR・ファラ(コロンビア)と共に、アルゼンチンで最も人気のサッカークラブの1つであるボカ・ジュニオールの試合観戦にエスタディオ・アルベルト・J・アルマンドを訪れた。

スタジアム内でフットテニスを楽しんだ2人であったが、ボールに向けてシュワルツマンはヘディングしようとかがみ、ティームは膝を出した。しかし、ティームの膝がシュワルツマンの左頬に直撃するハプニングが起きた。

ティームは試合観戦後のインタビューで「(僕たちの友情は)何年も前に始まったけど、今日フットテニスをしている時に、僕が彼(の顔面)を蹴って終わってしまった」とジョークで振り返った。

「僕たちは2人ともボールにいった、彼は頭で、僕は膝で。。。ダブルスで彼が仕返しをしないことを祈る」

同日に行われたダブルス1回戦では、ティーム/ シュワルツマン組がR・ジェバビー(チェコ共和国)/ J・ヴェセリ(チェコ共和国)組を3-6, 6-2, [10-3]の逆転で破り、8強入りを果たした。

また、シングルスで第1シードのティームは初戦の2回戦でH・セバリョス(アルゼンチン)とM・チェッキナート(イタリア)の勝者、第5シードのシュワルツマンは1回戦でA・ハイデル=マウアー(オーストリア)と対戦する。






関連記事

tennis365.netの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索