意見相違 試合中に人種差別?


(左から)ハリソンとヤング
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスのニューヨーク・オープン(アメリカ/ニューヨーク、室内ハード、ATP250)は12日、シングルス1回戦が行われ、第6シードのR・ハリソン(アメリカ)が世界ランク65位のD・ヤング(アメリカ)とのアメリカ勢対決を6-3, 7-6 (7-4)のストレートで制し、2回戦へ駒を進めた。

>>錦織vsルービン 1ポイント速報<<

>>錦織らニューヨークOP対戦表<<

>>杉田vsディミトロフ 1ポイント速報<<

>>杉田らロッテルダム対戦表<<

この日、試合中に両者は言い合う場面があった。試合後、ヤングはツイッターに「ライアン・ハリソン、きみが試合中に言った黒人のテニス選手である僕についてどう思っているかを聞いて、ショックを受け失望している。これは紳士のスポーツだと思っていた」と綴った。

その約1時間後、ハリソンはヤングと異なる内容をツイートした。

「ドナルド・ヤングが発信したことは、まったくもって事実ではない。負けた試合に対して、そんなことを言うなんて失望している。ビデオや音声が僕の無実を証明してくれるはず。誰かソースを持っている人がいれば、是非出してほしい」

一触即発の状況で勝利したハリソンは、2回戦でI・カルロビッチ(クロアチア)と対戦する。カルロビッチは1回戦でJ・ドナルドソン(アメリカ)をストレートで下しての勝ち上がり。

また、今大会には日本勢から錦織圭が第5シードで出場し、1回戦で世界ランク232位のN・ルービン(アメリカ)と対戦する。





関連記事

tennis365.netの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索