20歳カサキナ 全米女王破る


ベスト16進出を果たしたカサキナ
画像提供:ゲッティ イメージズ

女子テニスのBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、プレミア・マンダトリー)は12日、シングルス3回戦が行われ、第20シードのD・カサキナ(ロシア)が第13シードのS・スティーブンス(アメリカ)を6-4, 6-3のストレートで下し、ベスト16進出を果たした。

>>ダニエルvsメイヤー 1ポイント速報<<

>>大坂vsサッカリ 1ポイント速報<<

>>BNPパリバ対戦表<<

この日、ファーストサービスが入った時に81パーセントの高い確率でポイントを獲得した20歳のカサキナは、マッチポイントでフォアハンドのパッシングショットを決め、1時間26分で昨年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)を制したスティーブンスを破った。

4回戦では、第2シードのC・ウォズニアッキ(デンマーク)と対戦する。ウォズニアッキは3回戦で世界ランク49位のA・サスノビッチ(ベラルーシ)をフルセットで下しての勝ち上がり。

同日の2回戦では、第8シードのV・ウィリアムズ(アメリカ)がS・ウィリアムズ(アメリカ)との姉妹対決を6-3, 6-4のストレートで制し、ベスト16進出を果たした。

第7シードのC・ガルシア(フランス)と第10シードのA・ケルバー(ドイツ)は16強へ進出したが、第4シードのE・スイトリナ(ウクライナ)は第24シードのC・スアレス・ナバロ(スペイン)にストレートで敗れた。

日本勢では世界ランク44位の大坂なおみが13日に行われる4回戦で、同58位のM・サッカリ(ギリシャ)と対戦する。





関連記事

tennis365.netの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索