シャラポワ 全米前哨戦欠場へ


ウィンブルドン時のシャラポワ
画像提供:ゲッティイメージズ

30日に開幕する女子テニスのムバダラ・シリコン・バレー・クラシック(アメリカ/サンノゼ、ハード、WTAプレミア)は18日に公式サイトで、世界ランク21位のM・シャラポワ(ロシア)が欠場すると発表した。

昨年までバンク・オブ・ウエスト・クラシック(アメリカ/スタンフォード、ハード、WTA プレミア)の名で開かれていたこの大会は1971年から開催されており、女子のみの大会としては最古。また、全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)に向けた最初の前哨戦としても知られる。

シャラポワは「サンノゼでプレーできなくなり、本当にごめんなさい。厳しい決断ですが、体のケアをして健康的な状態でいる必要があります。来年プレーすることを楽しみにしています」とした。

同大会には今年のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で準優勝を果たしたS・ウィリアムズ(アメリカ)、V・ウィリアムズ(アメリカ)、前年覇者のM・キーズ(アメリカ)、E・メルテンス(ベルギー)、C・バンデウェイ(アメリカ)らが出場を表明している。

30歳のシャラポワは2010年のバンク・オブ・ウエスト・クラシックで準優勝を飾っている。






関連記事

tennis365.netの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索