ディミトロフ 2年ぶり8強


8強入りを決めたグリゴール・ディミトロフ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、ATP1000)は9日、シングルス3回戦が行われ、第5シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)が世界ランク41位のF・ティアフォー(アメリカ)を7-6 (7-1), 3-6, 7-6 (7-4)のフルセットで破り、2年ぶりのベスト8進出を果たした。

>>ロジャーズ杯 対戦表<<

この試合、3度のブレークを許したものの、ファーストサービスが入ったときに77パーセントの確率でポイントを獲得したディミトロフは、2時間26分で8強入りを決めた。

男子プロテニス協会のATPの公式サイトにはディミトロフのコメントが掲載されている。

「明らかに僕は自分のテニスができていなかった。でも僕は試合を通して方法を見つけ、マネジメントしている。そして改善していると思う」

27歳のディミトロフは4強入りをかけて、準決勝で第4シードのK・アンダーソン(南アフリカ)と対戦する。両者は8度目の顔合わせで、ディミトロフの6勝1敗。アンダーソンは3回戦で予選勝者のI・イヴァシカ(ベラルーシ)を7-5, 6-3のストレートで下しての勝ち上がり。

現在開催中の男子テニスATPワールドツアー マスターズ1000「トロント」をWOWOWメンバーズオンデマンドにて全日程配信!

【配信予定】
8月6日(月)〜8月12日(日)

■詳細・配信スケジュールはこちら>






関連記事

tennis365.netの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索