ダニエル 粘り見せるも敗退


初戦敗退となったダニエル太郎
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスツアーのスイス・インドア(スイス/バーゼル、室内ハード、ATP500)は23日、シングルス1回戦が行われ、予選勝者のダニエル太郎は世界ランク43位のA・セッピ(イタリア)に0-6, 4-6のストレートで敗れ、初戦突破とはならなかった。

>>錦織らウィーン対戦表<<

>>錦織2回戦 1ポイント速報<<

この試合、ダニエルはブレークチャンスを握ることができずに第1セットを落とす。第2セットでは1度ブレークに成功したダニエルだったが、セッピにそれを上回る2度のブレークを許し、1時間3分で力尽きた。

25歳で世界ランク74位のダニエルは今大会、予選からの出場。2試合を勝ち抜き本戦出場権を手にしていた。

一方、勝利した34歳のセッピは2回戦で、第7シードのD・メドヴェデフ(ロシア)と対戦する。世界ランク20位のメドヴェデフは初戦で、同67位のM・マーテラー(ドイツ)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日の1回戦では、第1シードのR・フェデラー(スイス)や、G・シモン(フランス)、P・ゴヨブジク(ドイツ)、J・シュトルフ(ドイツ)らが2回戦へ駒を進めた。






関連記事

tennis365.netの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索