フェデラー惜敗「悔やまれる」


ジョコビッチに惜敗したフェデラー
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスのロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATP1000)は3日、シングルス準決勝が行われ、第3シードのR・フェデラー(スイス)は第2シードのN・ジョコビッチ(セルビア)に6-7 (6-8), 7-5, 6-7 (3-7)のフルセットで敗れ、2011年以来7年ぶり2度目の決勝進出とはならなかった。

>>ジョコvsカチャノフ 1ポイント速報<<

>>パリ・マスターズ対戦表<<

この日、フェデラーは17本のサービスエースを決めるなどでブレークを許さなかった。ジョコビッチに握られた12本のブレークポイントをしのぐ粘りを見せたが、ファイナルセットのタイブレークではミスを重ね、3時間2分で力尽きた。

対戦成績はフェデラーの22勝25敗、ジョコビッチに4連敗となった。

男子テニス協会ATPの公式サイトには「いいレベルでプレーできたと思っている。悔やまれるものがある。今日のような接戦を逃すと、いつも悔やまれる」とフェデラーのコメントが掲載されている。

「でも、全体的にはいい大会だった。振り返ると、ここパリに来た甲斐があったと思う。最高の歓迎も受けた。いいテニスもできたから、うれしく思う」

ジョコビッチについては「明らかに波に乗っている。それは感じられた。最終的には、ほんのちょっとした違いだった」と称賛した。

「自分のテニスに満足している。バーゼルの時よりよかった。先週は優勝できたし、今週はベスト4だった。ノヴァークほどの腕が必要だった。だから仕方ない」

今後、フェデラーは11日からのNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)に出場する。

「先週はタイトルを獲得できたし、かなり自信になった。握られたブレークポイントをしのぐことができた。硬くならなかったし、緊張もしなかった。また試合をすることに慣れてきた。ロンドンでは最初の試合からトップ10プレーヤーと対戦する。それは簡単なことではない。気持ちはしっかりしている。ここで準決勝へ進出した。満足できる」

一方、3年ぶり5度目のパリ・マスターズ制覇に王手をかけたジョコビッチは、決勝で世界ランク18位のK・カチャノフ(ロシア)と対戦する。22歳のカチャノフは準決勝で、第6シードのD・ティーム(オーストリア)をストレートで下しての勝ち上がり。

「セレナ・ウイリアムズ 〜母として、女王として〜」
女子プロテニス界のトップ選手として活躍するセレナ・ウイリアムズに密着するドキュメンタリー。彼女が直面した命懸けの出産。アスリートとして、女性として、母として戦った妊娠から復帰までの道のりを追うWOWOWのドキュメンタリー番組。

【放送予定】
11月11日(日)午後2:30〜(全5回)
■詳細・配信スケジュールはこちら>






関連記事

tennis365.netの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索