錦織 世界9位、TOP10復帰


世界ランク9位へ浮上した錦織圭
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスの11月5日付ATP世界ランキングが発表され、錦織圭は前回から2つ上げて9位へ浮上。2017年8月28日以来 約1年2カ月ぶりのトップ10復帰を果たした。

前週のロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATP1000)で錦織は準々決勝で敗れるも、11日からのNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)へ2年ぶり4度目の出場が決まっている。

また、ロレックス・パリ・マスターズ決勝で敗れたN・ジョコビッチ(セルビア)は前回から1つ上げ、2016年10月以来2年ぶりに1位へ返り咲いた。

同大会でATPマスターズ1000初優勝を飾った22歳のK・カチャノフ(ロシア)は前回から7つ上げ、自己最高の11位へ浮上した。

11月5日付の男子ATP世界ランキング トップ10は以下の通り。
※[]内は前回のランキングからの変動数、()内は前回のポイント

■1位[ ↑1 ]…N・ジョコビッチ
8,045ポイント(7,445ポイント)

■2位[ ↓1 ]…R・ナダル(スペイン)
7,480ポイント(7,660ポイント)

■3位[ - ]…R・フェデラー(スイス)
6,020ポイント(6,260ポイント)

■4位[ - ]…J・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)
5,300ポイント(5,460ポイント)

■5位[ - ]…A・ズベレフ(ドイツ)
5,085ポイント(5,115ポイント)

■6位[ - ]…K・アンダーソン(南アフリカ)
4,310ポイント(4,230ポイント)

■7位[ - ]…M・チリッチ(クロアチア)
4,050ポイント(4,050ポイント)

■8位[ - ]…D・ティーム(オーストリア)
3,895ポイント(3,825ポイント)

■9位[ ↑2 ]…錦織圭
3,390ポイント(3,210ポイント)

■10位[ ↓1 ]…J・イズナー(アメリカ)
3,155ポイント(3,425ポイント)

「セレナ・ウイリアムズ 〜母として、女王として〜」
女子プロテニス界のトップ選手として活躍するセレナ・ウイリアムズに密着するドキュメンタリー。彼女が直面した命懸けの出産。アスリートとして、女性として、母として戦った妊娠から復帰までの道のりを追うWOWOWのドキュメンタリー番組。

【放送予定】
11月11日(日)午後2:30〜(全5回)
■詳細・配信スケジュールはこちら>






関連記事

tennis365.netの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索