Vカチャノフ「大きな意味」


(左から)ジョコビッチとカチャノフ
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスのロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATP1000)は4日、シングルス決勝が行われ、K・カチャノフ(ロシア)が第2シードのN・ジョコビッチ(セルビア)を7-5, 6-4のストレートで破り、ATPマスターズ1000初優勝を果たした。

決勝戦、カチャノフはミスを重ねるジョコビッチから主導権を握り第1セットを先取すると、第2セットは第3ゲームで先にブレークに成功。その後もリードを守り1時間37分で勝利、両手を突き上げて喜びを爆発させた。

ロシア勢男子のATPマスターズ1000制覇は、2009年の上海マスターズ(中国/上海、ハード、ATP1000)で優勝したN・ダビデンコ(ロシア)以来 約9年ぶり。

また、BNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)のJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)、マイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)のJ・イズナー(アメリカ)に続き3人目となる今季ATPマスターズ1000初のタイトルを獲得した選手となった。

男子テニス協会のATP公式サイトには「自分にとって本当に大きな意味がある。こんな形でシーズンを終えられるなんて、これ以上幸せなことはない」とカチャノフのコメントが掲載されている。

この日でジョコビッチの連勝記録を22でストップさせたカチャノフは「ノヴァーク(ジョコビッチ)と戦う際、第1にネットへ出てはいけない。なぜなら、彼は信じられないパッシングショットを打つから。コートの中へ踏み込んでネットへ出る時は、本当に正しいショットの選択をしなければいけない。自分のテニスは攻撃的なもので、よりコートの中へ踏み込んだ」と振り返った。

22歳のカチャノフは、5日に発表された世界ランキングで自己最高の11位へ浮上した。

「セレナ・ウイリアムズ 〜母として、女王として〜」
女子プロテニス界のトップ選手として活躍するセレナ・ウイリアムズに密着するドキュメンタリー。彼女が直面した命懸けの出産。アスリートとして、女性として、母として戦った妊娠から復帰までの道のりを追うWOWOWのドキュメンタリー番組。

【放送予定】
11月11日(日)午後2:30〜(全5回)
■詳細・配信スケジュールはこちら>






関連記事

tennis365.netの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索