錦織、史上3人目の記録で出場


2年ぶりの最終戦出場を決めた錦織
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスの最終戦 Nitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)は5日に組み合わせ抽選を行い、2016年以来2年ぶり4度目の出場を果たす錦織圭は、R・フェデラー(スイス)、K・アンダーソン(南アフリカ)、D・ティーム(オーストリア)のグループ・レイトン・ヒューイットに入った。

>>錦織らファイナルズ組み合わせ表<<

>>錦織vsフェデラー 1ポイント速報<<

今年1月に右手首のけがから復帰した錦織は下部大会のニューポート・ビーチ・チャレンジャー(アメリカ/ニューポートビーチ、ハード、ATPチャレンジャー)に出場。同大会は初戦敗退に終わったが、翌週のRBCテニスチャンピオンシップス・ オブ・ダラス(アメリカ/ダラス、ハード、ATPチャレンジャー)では復帰後初優勝を飾った。

その後もロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)で決勝へ進出すると、ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で日本男子23年ぶりの8強入り、全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)はベスト4へ進出した。

さらに楽天・ジャパン・オープン・テニス・チャンピオンシップス 2018(日本/東京、ハード、ATP500)とエルステ・バンク・オープン(オーストリア/ウィーン、ハード、ATP500)では準優勝を飾った。

「RACE TO LONDON」(最終戦出場ランキング)で9位の錦織は、同4位のJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)の欠場により繰り上がりで出場権を手にした。

男子テニス協会のATP公式サイトは3日に、1994年以降で同シーズンにATPチャレンジャーで優勝後に最終戦出場を決めたのは2005年のI・リュビチッチ(クロアチア)、2009年のR・ソダーリン(スウェーデン)に続き3人目。

2016年以来2年ぶり4度目のNitto ATPファイナルズ出場を決めた28歳の錦織は、11日に行われる初戦でフェデラーと対戦する。この試合は日本時間12日の5時(現地11日の20時)以降に開始予定。

【グループ・グーガ・クエルテン】
N・ジョコビッチ(セルビア)
A・ズベレフ(ドイツ)
M・チリッチ(クロアチア)
J・イズナー(アメリカ)

【グループ・レイトン・ヒューイット】
R・フェデラー
K・アンダーソン
D・ティーム
錦織圭

「セレナ・ウイリアムズ 〜母として、女王として〜」
女子プロテニス界のトップ選手として活躍するセレナ・ウイリアムズに密着するドキュメンタリー。彼女が直面した命懸けの出産。アスリートとして、女性として、母として戦った妊娠から復帰までの道のりを追うWOWOWのドキュメンタリー番組。

【放送予定】
11月11日(日)午後2:30〜(全5回)
■詳細・配信スケジュールはこちら>






関連記事

tennis365.netの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索