元女王モレスモがコーチ就任


コーチに就任したモレスモ
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスで元世界ランク1位で2度のグランドスラム優勝を誇るA・モレスモ(フランス)が、世界ランク32位のL・プイユ(フランス)のコーチに就任した。

現在39歳のモレスモは、2006年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)とウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)を制し、39週にわたり世界の頂点に君臨した。

2014年6月から、元世界ランク1位のA・マレー(イギリス)のコーチとして一緒にツアーを帯同。2015年の8月には第一子を出産し、2016年の5月に2年間に渡るコーチ関係を終了していた。

また、今回モレスモはデビスカップ フランス代表キャプテンのY・ノア(フランス)の後任候補として名前が挙がっていたが、最終的にプイユのコーチに専念することを決断。FFT(フランステニス連盟)はこの決断を支持し、新たにデビスカップのキャプテンを探すこととなった。

今回、モレスモをコーチに招へいしたプイユは、自身のツイッターで「モレスモをコーチに迎えられて、とても嬉しい。彼女は、僕のゴール達成のサポートに必要な経験とスキルを持っている。僕達の先に素晴らしいものがあることを確信している」と投稿した。

24歳のプイユは、今年2月の南フランス・オープン(フランス/モンペリエ、ハード、ATP250)で優勝。その後オープン13・プロヴァンス(フランス/マルセイユ、ハード、ATP250)、ドバイ・ デューティ・フリー・テニス選手権(アラブ首長国連邦/ドバイ、ハード 、ATP500)で準優勝を飾った。その後、3月には自己最高ランクの10位となった。

「大坂なおみ 開花〜完璧主義者が描く未来〜」
日本人男女で初となるグランドスラムシングルス優勝を成し遂げた大坂なおみ。突出した才能が開花した2018年を豊富な独自取材を元に振り返る。

【放送予定】
12月8日(土)よる6:00
■詳細・配信スケジュールはこちら>





関連記事

tennis365.netの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索