大坂「悲惨」 練習不足明かす


初戦敗退を喫した大坂なおみ
画像提供:ゲッティ イメージズ

全豪">女子テニスのドバイ・デューティフリー・テニス選手権(アラブ首長国連邦/ドバイ、ハード、プレミア)は19日、シングルス2回戦が行われ、第1シードの大坂なおみが世界ランク67位のK・ムラデノヴィック(フランス)に3-6, 3-6のストレートで敗れ、初戦で姿を消す波乱が起きた。

>>ドバイ対戦表<<

上位8シードは1回戦免除のため、この日が初戦だった大坂はダブルフォルトを5本犯すなど試合を通してミスを連発。セカンドサービスのポイント獲得率は19パーセントと精彩を欠いて7度のブレークを許すと、最後はムラデノヴィックにダウン・ザ・ラインを決められて1時間6分でストレート負けを喫した。

女子プロテニス協会のWTA公式サイトには「落胆。それは控えめな言い方。ある意味、悲惨だった」と大坂のコメントが掲載されている。

21歳の大坂は今年1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で四大大会2勝目をあげ、世界ランク1位へ上り詰めていた。

「最近はあまり練習をすることができていなかった。練習でリズムがなかった。なんとか試合中にいいプレーへ変えられた時もあった。練習がうまくいかなかったというのは、リズムのこと。よく分からないけど、練習が十分ではないように感じている」

「全豪オープンから、まだ1カ月も経っていない。まだ1試合しかしていない。例えこれから勝てなかったとしても、心配しているとは言わない。自分はまだとても若い。まだまだ学ぶことがたくさんあると感じている。悪いプレーで負けたあとに、いいプレーができていると思う。次の大会を楽しみにしているだけ」

「もちろん、負けることが楽しいと思う人は誰もいない。でも、負けた時は勝った時よりも学ぶことができると教えられてきた。それは本当に正しいと思えるから、それを大切なことだと思うようにしている」

大坂は、サーシャ・バイン氏とのコーチ関係を解消して今大会に新体制で臨んでいた。

一方、大坂を破る大金星をあげたムラデノヴィック、3回戦で世界ランク26位のC・スアレス・ナバロ(スペイン)と対戦する。スアレス・ナバロは2回戦で同39位のザン・シュアイ(中国)をストレートで下しての勝ち上がり。

「錦織圭出場予定!男子テニスATPツアー500 ドバイ」
「男子テニスATPツアー500 アカプルコ」

【配信予定】
2/25〜3/2 WOWOWメンバーズオンデマンドにて限定ライブ配信!

■詳細・配信スケジュールはこちら>




関連ニュースをもっと見る

関連記事

tennis365.netの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索