雄叫びジョコ「苦しめられた」


辛くもベスト4へ進出したジョコビッチ
画像提供:ゲッティ イメージズ

全豪">男子テニスのBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)は17日、シングルス準々決勝が行われ、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が第7シードのJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)を4-6, 7-6 (8-6), 6-4の逆転で破り、辛くも6年連続のベスト4進出を果たした。

>>BNLイタリア国際対戦表<<

この日、ジョコビッチはデル=ポトロの強打に苦しみ第1セットを落とすと、第2セットのタイブレークでは2本のマッチポイントを握られた。このピンチの場面でミスを誘い出しセットカウント1−1に追いつくと、雄叫びをあげで自身を鼓舞した。

ファイナルセットは息を吹き返したジョコビッチが第5ゲームでブレーク。その後はリードを守り、3時間1分におよぶ死闘を制した。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはジョコビッチのコメントが掲載されており「自信は全く失っていなかった。タイブレークは彼が6−4とリードしていた。試合を通して、彼のフォアハンドにやられた。タイブレークでは彼が大事な場面でいくつかミスをしていた。ファイナルセットのブレークポイントでも簡単なフォアハンドでミスをした。それが実際起きたこと。それがスポーツ。切り抜けられて本当にうれしい」と喜びを語った。

「第1セットの終わりへ向かうにつれて、彼は右からも左からも本当にいいボールを打ち始めた。バックハンドのダウンザラインも。彼(デル=ポトロ)はとてもいいプレーをしていて、かなり苦しめられた」

準決勝では、世界ランク24位のD・シュワルツマン(アルゼンチン)と対戦する。シュワルツマンは準々決勝で第6シードの錦織圭をストレートで下しての勝ち上がり。

世界ランク1位のジョコビッチは、前週のムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)でR・ナダル(スペイン)に並ぶ歴代最多タイの「ATPマスターズ1000」33勝目をあげている。

「男子テニスATPツアー マスターズ1000 ローマ」

【配信予定】
5/12(日)〜5/19(日) WOWOWメンバーズオンデマンドにて限定ライブ配信!
※大会1日目無料配信

■詳細・配信スケジュールはこちら>

なお「全仏オープンテニス」は、5/26(日)開幕!
6/9(日)までWOWOWにて連日生中継!




関連記事

tennis365.netの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索