ツォンガ ピンチ切り抜け8強


BNLイタリア国際のツォンガ
画像提供:ゲッティイメージズ

全豪">男子テニスのリヨン・オープン(フランス/リヨン、レッドクレー、ATP250)は22日、シングルス2回戦が行われ、2017年覇者のJW・ツォンガ(フランス)が世界ランク262位のS ・ディエス(カナダ)を3-6, 7-6 (7-3), 6-3の逆転で破り、ベスト8進出を果たした。

>>ダニエル 太郎vsジャリー 1ポイント速報<<

元世界ランク5位のツォンガは第2セットでディエスの勝利まであと2ポイントと追いつめられたが、粘りをみせタイブレークを制しセット1オールとする。最後はドロップショットを決めて勝利し、同大会のここまでの戦績を6勝0敗とした。試合時間は2時間42分。

男子プロテニス協会のATP公式サイトはツォンガのコメントを掲載しており「このような長い試合をプレーするのはいいことだ。長い間、このような試合をしていなかった。プレーはベストなレベルではないけど、精神的に全力を出して自信を得たよ」と語った。

準々決勝では、第1シードのN・バシラシヴィリ(ジョージア)とベスト4進出をかけて対戦する。バシラシヴィリは2回戦で世界ランク270位のT・ラマサイン(フランス)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日の2回戦では、第2シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)、第3シードのD・シャポバロフ(カナダ)、世界ランク46位のT・フリッツ(アメリカ)、同51位のB・ペール(フランス)が8強入りを果たした。

「全仏オープンテニス」
5/26(日)〜6/9(日)、WOWOWにて連日生中継![第1日無料放送]

WOWOWメンバーズオンデマンドでは、未放送の試合をお楽しみいただけるピックアップコートも連日ライブ配信!

■詳細・配信スケジュールはこちら>




関連記事

tennis365.netの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索