日比野 相手途中棄権で8強


全米オープンの日比野菜緒
画像提供:tennis365.net

女子テニスの花キューピット ジャパンウイメンズオープンテニスチャピオンシップス(日本/広島、ハード、WTAインターナショナル)は11日、シングルス2回戦が行われ、世界ランク146位の日比野菜緒が6-1, 3-2とリードした時点で第6シードのZ・ディアス(カザフスタン)の途中棄権によりベスト8へ駒を進めた。

日比野は準々決勝で第1シードのシェ・シュウェイ(台湾)と対戦する。シュウェイは2回戦で世界ランク123位のP・ホン(オーストラリア)を逆転で下しての勝ち上がり。

同日の2回戦では第8シードのL・シゲムンド(ドイツ)も8強へ進出した。

「東レ パン パシフィック オープンテニス」
アジア初の国際女子テニス公式戦としてスタートした国内最高峰のWTAプレミア大会。出場表明した大坂なおみを筆頭に、世界を舞台に戦うトップ女子選手が日本で魅せる。

【放送予定】
9月16日(月・祝)〜22日(日)連日生中継[第1日無料放送]

■詳細・配信スケジュールはこちら>




関連記事

tennis365.netの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索