全米V後 多数のメディア対応


19歳のビアンカ・アンドレースク
画像提供:ゲッティ イメージズ

女子テニス協会のWTAは10日に公式サイトで、全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)を制した19歳のB・アンドレースク(カナダ)を特集した。

9日にアンドレースクはジミー・ファロンが司会を務めるザ・トゥナイト・ショーへ出演するなど、慌ただしいメディアの対応が続いた。

10代で四大大会初優勝を飾ったアンドレースクはファロンの番組に出演する前、すでにグッドモーニング・アメリカや、ライブ・ウィズ・ケリー・アンド・ライアン、ザ・トゥデイ・ショー、そしてザ・ヴューにも出演していた。

カナダのスーパースターとなったアンドレースクは「シャナイア・トゥエイン、トルドー首相、ジョン・トリー、スティーブ・ナッシュ、ザ・ラプターズ、ザ・リーフスから連絡をもらった」と明かした。

また、全米オープン4回戦でT・タウンセンド(アメリカ)と対戦した際について「手から滑ってラケットが飛んでいってしまった。今夜は誰もけがをさせない、それは約束する」と笑いを誘った。

今後、アンドレースクは武漢オープン(中国/武漢、ハード、WTAプレミア5)に出場を予定している。

「東レ パン パシフィック オープンテニス」
アジア初の国際女子テニス公式戦としてスタートした国内最高峰のWTAプレミア大会。出場表明した大坂なおみを筆頭に、世界を舞台に戦うトップ女子選手が日本で魅せる。

【放送予定】
9月16日(月・祝)〜22日(日)連日生中継[第1日無料放送]

■詳細・配信スケジュールはこちら>




関連記事

tennis365.netの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索