ハチャノフ破り8強「幸せ」


全米オープンでのソウサ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのサンクトペテルブルク・オープン(ロシア/サンクトペテルブルク、室内ハード、ATP250)は19日、シングルス2回戦が行われ、世界ランク64位のJ・ソウサ(ポルトガル)が第2シードのK・ハチャノフ(ロシア)を7-6 (7-2), 6-4のストレートで破り、ベスト8進出を果たした。

>>大坂ら東レ対戦表<<

>>大坂vsプチンセワ 1ポイント速報<<

この試合、ハチャノフに9本のサービスエースを決められたソウサだが、合計2度のブレークに成功。1時間38分で勝利した。

男子テニス協会のATP公式サイトにはソウサのコメントが掲載された。

「観客の人たちはカレン(ハチャノフ)を応援していた。でも彼らは僕の方も応援してくれていたので、素晴らしい試合ができたと思う。勝つことができてとても幸せ」

4強入りをかけて、ソウサは第6シードのM・ククシュキン(カザフスタン)と対戦する。ククシュキンは2回戦で世界ランク86位のD・ジュムホール(ボスニア)をストレートで下しての勝ち上がり。

「ミハイル(ククシュキン)は素晴らしい選手。明日はもう少し観客が増えることを願っている。厳しい試合になるだろう。だからこそ、今はこの勝利を噛み締め、回復にあてたい」

同日には第1シードのD・メドヴェデフ(ロシア)、第3シードのM・ベレッティーニ(イタリア)、第4シードのB・チョリッチ(クロアチア)、第8シードのC・ルード(ノルウェー)らが8強入りを果たした。

「東レ パン パシフィック オープンテニス」
アジア初の国際女子テニス公式戦としてスタートした国内最高峰のWTAプレミア大会。出場表明した大坂なおみを筆頭に、世界を舞台に戦うトップ女子選手が日本で魅せる。

【放送予定】
9月16日(月・祝)〜22日(日)連日生中継[第1日無料放送]

■詳細・配信スケジュールはこちら>




関連記事

tennis365.netの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索