ガウフ初V「信じられない」


全米オープンでのガウフ
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスのレディース・リンツ(オーストリア/リンツ、室内 ハード、WTAインターナショナル)は13日、シングルス決勝が行われ、ラッキールーザーで出場した15歳のC・ガウフ(アメリカ)がJ・オスタペンコ(ラトビア)を6-3, 1-6, 6-2のフルセットで破り、ツアー初優勝を果たした。

この試合、第1セットを先取したガウフだったが、第2セットでは3度のブレークを許しセットカウント1−1に追いつかれる。それでもファイナルセットではファーストサービスが入ったときに77パーセントの確率でポイントを獲得するなど息を吹き返し、リターンゲームでは3度のブレークに成功。1時間39分でタイトルを手にした。

女子プロテニス協会のWTA公式サイトにはガウフのコメントが掲載された。

「まだ状況が整理できていない。ショック状態みたい。間違いなく今年1月の私のカレンダーには載っていなかったこと。本当にクレイジーなことが起きた」

「ラッキールーザーからチャンピオンになれたことも、文字通り非常識と言ってもいいくらい。本戦1回戦の前に父が『(予選も含めて)同じ大会で2度負けることはできない!』」と言っていた。彼は本当にチャンピオンになるとは思ってはいなかったはずだけど、結局彼は正しかった。信じられない1週間だった」

ガウフは今季、ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)でベスト16に進出してブレイク。その後の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)では3回戦進出を果たしていた。

「生中継!ロジャー・フェデラー来日チャリティマッチ LifeWear Day Tokyo」
史上最高のテニス選手フェデラーが13年ぶりに有明に登場!華麗なプレーを日本のファンに披露する。ファン垂涎のスペシャルマッチをWOWOWは生中継でお届けする。

【放送予定】
10/14(月・祝)午後4:00

■詳細・配信スケジュールはこちら>




関連記事

tennis365.netの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る