昨年Vゲルゲス 逆転で4強


中国オープンのゲルゲス
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスのBGL・BNPパリバ・ルクセンブルグ・オープン(ルクセンブルク/ ルクセンブルク、室内ハード、WTAインターナショナル)は18日、シングルス準々決勝が行われ、第2シードのJ・ゲルゲス(ドイツ)が世界ランク84位のM・プイグ(プエルトリコ)を1-6, 6-2, 6-3の逆転で破り、2年連続3度目のベスト4進出を果たした。

>>杉田vsシャポバロフ 1ポイント速報<<

昨年覇者のゲルゲスは、第2・ファイナルセットでプイグに1度もブレークチャンスを与えずに1時間49分で勝利した。

女子プロテニス協会WTAの公式サイトにはゲルゲスのコメントが掲載されており「試合序盤はとても遅いスタートだった。うまくいってよかったし、逆転勝利できてとてもうれしい」と振り返った。

「サービスは私の最も強い武器の1つで、できるだけ賢い使い方をするように努めている。第1セットではプイグに叩かれてしまったから変化をつけ、それがよく機能した」

準決勝でゲルゲスは第3シードのE・リバキナ(カザフスタン)と対戦する。リバキナは準々決勝で世界ランク79位のL・シゲムンド(ドイツ)をストレートで下している。

同日の準々決勝では、第8シードのA・ブリンコワ(ロシア)、世界ランク63位のJ・オスタペンコ(ラトビア)が4強入りを決めた。

「錦織圭 出場予定 男子テニスATPツアー マスターズ1000 パリ」

【大会期間】
10/28(月)〜11/23(日)※大会1日目無料配信 WOWOWメンバーズオンデマンドにて限定配信!

■詳細・配信スケジュールはこちら>




関連記事

tennis365.netの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る