日本 強豪の仏に健闘も黒星


内山靖崇
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスの国別対抗戦デビスカップ・ファイナルズ(スペイン/マドリッド、室内ハード)は19日、グループAの予選ラウンドロビン第1戦 日本vsフランスのダブルスが行われ、内山靖崇/ マクラクラン勉組はPH・エルベール(フランス)/ N・マウー(フランス)組に7-6 (7-4), 4-6, 5-7の逆転で敗れた。日本は10度の優勝を誇るフランスに健闘したが1勝2敗で敗戦を喫し、黒星スタートとなった。

この日、内山/ マクラクラン組は四大大会のダブルスで4勝、さらに前週のNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)で1セットも落とさずにタイトルを獲得したエルベール/ マウーと対戦。

序盤から両ペア一進一退の攻防を繰り広げる中、内山/ マクラクラン組がタイブレークの末に第1セットを先取。

その後、第2セットを落とした内山/ マクラクラン組はファイナルセットの第10ゲームでエルベール/ マウー組のサービング・フォー・ザ・マッチでブレークバックに成功。しかし、第11・第12ゲームを連取され、死闘の末に力尽きた。

今回の対戦で、日本はフランスに5連敗となった。

20日に日本はセルビアと対戦する。

19日に行われた日本vsフランスの結果は以下の通り。

シングルス1:内山靖崇 2-6, 1-6 JW・ツォンガ(フランス)

シングルス2:西岡良仁 7-5, 6-2 G・モンフィス(フランス)

ダブルス:内山靖崇/ マクラクラン勉 7-6 (7-4), 4-6, 5-7 PH・エルベール/ N・マウー

グループAの各国代表メンバーは以下の通り。

【日本】
西岡良仁
内山靖崇
杉田祐一
ダニエル太郎
マクラクラン勉

【フランス】
G・モンフィス
B・ペール(フランス)
JW・ツォンガ
PH・エルベール
N・マウー

【セルビア】
N・ジョコビッチ(セルビア)
F・クライノビッチ(セルビア)
D・ラヨビッチ(セルビア)
J・ティプサレビッチ(セルビア)
V・トロイキ(セルビア)

今年2月に行われた予選で日本は中国を3勝2敗で破り、決勝ラウンドへ駒を進めている。

デビスカップは今年からホーム・アウェー方式で24カ国による予選、11月に18カ国(予選を勝ち抜いた12カ国、前年4強の4カ国、ワイルドカードの2カ国)が決勝ラウンドで優勝を争う新フォーマット。

また、シングルス2試合とダブルス1試合で、先に2勝したチームが勝利となる。




関連記事

tennis365.netの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る