日本は仏に惜敗 セルビア戦へ


健闘を称え合う日本と仏チーム
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスの国別対抗戦デビスカップ・ファイナルズ(スペイン/マドリッド、室内ハード)は19日、グループAの予選ラウンドロビン第1戦 日本vsフランスのシングルス2試合、ダブルス1試合が行われ、日本は10度の優勝を誇るフランスに健闘するも1勝2敗で敗れて黒星スタートとなった。

試合後の会見で、監督の岩渕聡氏は「新しいフォーマットのデ杯。蓋を開けてみないと分からないことが多かった。選手たちも試合の入りは難しいところもあったと思います。内山は先陣を切ってプレーしてくれました。3選手は出し切れるものを全て出してくれた。チーム一丸で戦った結果、ダブルスはあと少しというところで世界ナンバー1を追い詰めました。明日につながる戦いができたと思います」と振り返った。

シングルスで世界ランク10位のG・モンフィス(フランス)にストレート勝ちした西岡は「作戦はしっかり立てて、対策を練った。少ないチャンスを取り切れるかが、上の選手に勝てるか。自分の持ち味を組み立てて、チャンスだと思ったポイントで攻め切ったり、思い切ってプレーしました。取り切れなかったら『仕方ない』と割り切って最近プレーするようになりました。今年の経験の中で出せた試合だったと思います」と手応えを得ていた。

単複に出場した内山は「シングルスに関しては今シーズンの後半、調子がよかった。今日のウォームアップも、自分でもびっくりするくらいよかった。勝つイメージ、プランを持って試合に入りましたが、コートに入ってからぎくしゃくしてしまった部分はあったと思います。全体を通して単発になってしまった」

「ダブルスはヨッシー(西岡)が勝って、シングルスの負けを挽回できるチャンスをもらえた中、紙一重のところまでいった。勝ち切れなかった不甲斐なさ、チームやファンに自分が2敗してしまったことの申し訳なさ、悔しさがこみ上げました」

内山とペアを組んだマクラクラン勉は「ヨッシーが勝って1−1になり、ワクワクした。負けたのが残念。けど、いいプレーだと思ったから、明日もチャンスがあったらうれしいです」

20日に日本はセルビアと対戦する。

19日に行われた日本vsフランスの結果は以下の通り。

シングルス1:内山靖崇 2-6, 1-6 JW・ツォンガ(フランス)

シングルス2:西岡良仁 7-5, 6-2 G・モンフィス

ダブルス:内山靖崇/ マクラクラン勉 7-6 (7-4), 4-6, 5-7 PH・エルベール(フランス)/ N・マウー(フランス)

グループAの各国代表メンバーは以下の通り。

【日本】
西岡良仁
内山靖崇
杉田祐一
ダニエル太郎
マクラクラン勉

【フランス】
G・モンフィス
B・ペール(フランス)
JW・ツォンガ
PH・エルベール
N・マウー

【セルビア】
N・ジョコビッチ(セルビア)
F・クライノビッチ(セルビア)
D・ラヨビッチ(セルビア)
J・ティプサレビッチ(セルビア)
V・トロイキ(セルビア)

今年2月に行われた予選で日本は中国を3勝2敗で破り、決勝ラウンドへ駒を進めている。

デビスカップは今年からホーム・アウェー方式で24カ国による予選、11月に18カ国(予選を勝ち抜いた12カ国、前年4強の4カ国、ワイルドカードの2カ国)が決勝ラウンドで優勝を争う新フォーマット。

また、シングルス2試合とダブルス1試合で、先に2勝したチームが勝利となる。




関連記事

tennis365.netの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る