ベスト4へ進出したズべレフ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)は7日、シングルス準々決勝が行われ、第5シードのA・ズベレフ(ドイツ)が第1シードのR・ナダル(スペイン)を6-4, 6-4のストレートで下し、2018年以来3年ぶり2度目のベスト4進出を果たした。「間違いなくキャリアの中で最大の勝利の1つ。特にクレーでのナダルからだからね」と語った。

2018年以来3年ぶり2度目のタイトルを狙うズべレフはこの試合、ナダルに対しファーストサービスが入ったときに82パーセントと高い確率でポイントを獲得。3度のブレークに成功し、1時間44分で勝利した。

男子プロテニス協会のATPは公式サイトでズべレフのコメントを掲載しており「クレーでナダルに勝つのは僕らのスポーツでは最も難しいことだよ。彼をスペインで倒すことができたのはすごいことだけれど、大会はまだ終わっていない」と述べた。

準決勝では第3シードのD・ティーム(オーストリア)と対戦する。ティームは準々決勝で世界ランク39位のJ・イズナー(アメリカ)を逆転で下しての勝ち上がり。両者は11度目の対戦で、ズべレフの2勝8敗。直近は2020年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)決勝で、ティームが2セットダウンから逆転勝ちをおさめた。

同日の準々決勝では第8シードのM・ベレッティーニ(イタリア)と第16シードのC・ガリン(チリ)、世界ランク22位のC・ルード(ノルウェー)と同44位のA・ブブリク(カザフスタン)が4強入りをかけて顔を合わせる。

[PR] 男子テニスATPツアーマスターズ1000 マドリード
5/2(日)〜5/9(日)
男子テニスATPツアーマスターズ1000 ローマ
5/9(日)〜5/16(日)
WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>