西岡良仁※画像はマドリッドOP時
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATPマスターズ)は8日よりシングルス予選が始まり、第5シードの西岡良仁は世界ランク122位のG・バレール(フランス)と対戦する。

>>ティームvsズベレフ 1ポイント速報<<

>>マドリッドOP男子対戦表<<

両者は今回が初顔合わせで、現地8日10時(日本時間17時)より第1試合が行われるコート4の第3試合で対戦する。

27歳のバレールは、2019年に記録した世界ランク80位がキャリアハイ。今年は2月の南フランス・オープン(フランス/モンペリエ、室内ハード、ATP250)で予選を突破し、本戦1回戦でN・バシラシヴィリ(ジョージア)を破り2回戦に進出した。

西岡は今週行われているムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)に予選から出場し、予選決勝で途中棄権をするもラッキールーザーで本戦に出場。1回戦で世界ランク36位のF・クライノビッチ(セルビア)に勝利し、2回戦で同22位のC・ルード(ノルウェー)に敗れた。

その後ローマ入りした西岡は、7日に自身の公式Twitterで錦織圭と試合会場で練習を行い、「ローマはマドリードとだいぶ環境が変わり、また違う試合展開になりそうです」と投稿している。

今大会の予選には、C・ノリー(イギリス)、A・ダビドビッチ フォキナ(スペイン)、A・ベデネ(スロベニア)、T・ポール(アメリカ)、T・サングレン(アメリカ)、F・ティアフォー(アメリカ)、C・ムーテ(フランス)らをはじめ計28名が出場し、2回勝利した7名が本戦出場権を得られる。

西岡は勝ち上がると、予選決勝で第10シードのA・ポピリン(オーストラリア)とK・マイクシャク(ポーランド)の勝者と本戦出場をかけて対戦する。

同大会は昨年、新型コロナウイルスの影響により9月に日程を変更して開催され、男子はN・ジョコビッチ(セルビア)、女子はS・ハレプ(ルーマニア)が優勝をおさめている。

今年の本戦は現地8日にドローが発表され、9日より開幕する予定で、N・ジョコビッチ、R・ナダル(スペイン)、D・メドベージェフ(ロシア)、D・ティーム(オーストリア)、S・チチパス(ギリシャ)、A・ズベレフ(ドイツ)、A・ルブレフ(ロシア)らトップ20のうちR・フェデラー(スイス)を除く19名が出場予定。日本勢では錦織圭が本戦から出場する。

[PR] 男子テニスATPツアーマスターズ1000 マドリード
5/2(日)〜5/9(日)
男子テニスATPツアーマスターズ1000 ローマ
5/9(日)〜5/16(日)
WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>