ノヴァーク・ジョコビッチ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子プロテニス協会のATP公式サイトは10日、世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)のコメントを掲載。自身を含むベテラン選手と若手選手の台頭と世代交代について意見を語った。

>>錦織vsカレノ=ブスタ 1ポイント速報<<

>>錦織らBNLイタリア国際対戦表<<

現在開催されているBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)に第1シードとして出場しているジョコビッチは同大会の記者会見で男子テニスの世代交代に言及。

「世代交代が起きていることを結果が示している。彼ら(若手選手)は多かれ少なかれ毎週プレーしている。チチパス、ズベレフ、ベレッティーニ、ルブレフのように僕ら全員に勝ってたくさんプレーし、ランキングポイントを稼いでいる選手たちがいる」

前週のムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)では24歳のA・ズベレフ(ドイツ)が優勝し、準優勝は25歳のM・ベレッティーニ(イタリア)となったほか、4月のロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、 レッドクレー、ATP1000)では22歳のS・チチパス(ギリシャ)が決勝で23歳のA・ルブレフ(ロシア)を下しタイトルを手にした。

現在、世界ランクのトップ10には33歳のジョコビッチと34歳のR・ナダル(スペイン)、39歳のR・フェデラー(スイス)の3選手が30歳以上のトップ選手として活躍している。ジョコビッチはチチパスやズベレフら以外にもD・メドベージェフ(ロシア)やD・ティーム(オーストリア)の名前をあげた。

「メドベージェフももちろん上位に挑戦している。ティームだって何年も前からそこにいる。そうなる(世代交代する)のは避けられないこと。ATPランキングの変化はやってくるよ。それが1カ月後なのか1年後なのか、あるいはまだ先なのか、僕にはわからないけどね」

ジョコビッチはBNLイタリア国際の初戦である2回戦で、世界ランク31位のT・フリッツ(アメリカ)と対戦する。フリッツは1回戦で同26位のD・エヴァンス(イギリス)をストレートで下しての勝ち上がり。

5月10日付の男子ATP世界ランキング トップ10は以下の通り。
※[]内は前回のランキングからの変動数、()内は前回のポイント、名前の横は現在の年齢

■1位[ - ]…N・ジョコビッチ 33歳
11,463ポイント(11,963ポイント)

■2位[ ↑1 ]…D・メドベージェフ 25歳
9,780ポイント(9,700ポイント)

■3位[ ↓1 ]…R・ナダル 34歳
9,630ポイント(9,810ポイント)

■4位[ - ]…D・ティーム 27歳
8,365ポイント(8,365ポイント)

■5位[ ‐ ]…S・チチパス 22歳
7,610ポイント(7,910ポイント)

■6位[ ‐ ]…A・ズベレフ 24歳
6,945ポイント(6,125ポイント)

■7位[ ‐ ]…A・ルブレフ 23歳
6,000ポイント(6,000ポイント)

■8位[ ‐ ]…R・フェデラー 39歳
5,785ポイント(5,875ポイント)

■9位[ ↑1 ]…M・ベレッティーニ 25歳
4,048ポイント(3,493ポイント)

■10位[ ↓1 ]…D・シュワルツマン(アルゼンチン) 28歳
3,765ポイント(3,765ポイント)

[PR]男子テニスATPツアーマスターズ1000 ローマ
5/9(日)〜5/16(日)
WOWOWオンデマンドで配信!
全仏オープンテニス
5/30(日)〜6/13(日)
WOWOWで連日生中継!

■放送&配信スケジュールはこちら>