レイリー・オペルカが準決勝進出
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)は14日、シングルス準々決勝が行われ、世界ランク47位のR・オペルカ(アメリカ)が同64位のF・デルボニス(アルゼンチン)に7-5, 7-6(7-2)で勝利し、自身初となるATPマスターズ1000での準決勝進出を決めた。

>>ジョコビッチvsチチパス 1ポイント速報<<

>>BNLイタリア国際対戦表<<

初対戦となったオペルカとデルボニスの両者は今大会、ともにマスターズ1000で初めて準々決勝へ進出。オペルカは1回戦でR・ガスケ(フランス)、2回戦でL・ムセッティ(イタリア)を下し、3回戦では今季絶好調のA・カラツェフ(ロシア)を破って8強入り。一方のデルボニスは予選2試合を勝ち抜き、1回戦でK・ハチャノフ(ロシア)、2回戦で第17シードのD・ゴファン(ベルギー)、3回戦でF・オジェ アリアシム(カナダ)を破っての勝ち上がり。

211センチの長身から繰り出すビッグサーブが武器のオペルカは第1セット、9本のサービスエースを決めるなどサービスキープを続け、第12ゲームでブレークに成功し、7-5で先取。第2セットも9本のエースを決めたオペルカに対してデルボニスもサービスゲームをキープしてタイブレークに突入すると、オペルカが先にミニブレークに成功し、最後はデルボニスのバックハンドがネットにかかり、勝敗は決した。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはオペルカの試合後のコメントが掲載され、初のマスターズ1000での4強入りについて「驚いている。クレーコートは得意ではないから。まぐれかもしれないけど、これからも頑張りたい」と語った。
またこの試合について「今日は大事な場面で落ち着いてプレーをすることができた、それが重要だったと思う」と振り返った。

勝利したオペルカは準決勝で第2シードのR・ナダル(スペイン)と対戦する。第6シードのA・ズベレフ(ドイツ)を準々決勝で下したナダルはオペルカとの初対戦について、「とてもリターンするのが難しいサービスを持った選手が相手だ。自分のサービスに集中してリターンゲームに備える必要がある」とコメントしている。

同日には第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と第5シードのS・チチパス(ギリシャ)、第7シードのA・ルブレフ(ロシア)と世界ランク33位のL・ソネゴ(イタリア)の準々決勝も行われる。

[PR]男子テニスATPツアーマスターズ1000 ローマ
5/9(日)〜5/16(日)
WOWOWオンデマンドで配信!
全仏オープンテニス
5/30(日)〜6/13(日)
WOWOWで連日生中継!

■放送&配信スケジュールはこちら>