2回戦で敗れたフェデラー
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのノベンティ・オープン(ドイツ/ハレ、芝、ATP500)は16日、シングルス2回戦が行われ、第5シードのR・フェデラー(スイス)は世界ランク21位のF・オジェ アリアシム(カナダ)に6-4,3-6,2-6の逆転で敗れ、2019年以来2年ぶり18度目のベスト8進出とはならなかった。

>>錦織らノベンティOP対戦表<<

>>錦織vsコルダ 1ポイント速報<<

初の顔合わせとなったこの試合、39歳のフェデラーは序盤から素早いラリー戦を展開し極力ロングラリーを行わないプレーでサービスゲームをキープする。リターンゲームでもストロークで主導権を握ったフェデラーは、第7ゲームでバックハンドのダウンザラインを放ちブレークに成功。第1セットはファーストサービスが入ったときに75パーセントの確率でポイントを獲得し、ブレークバックを許さずに先行する。

第2セット、20歳のオジェ アリアシムの強烈なフォアハンドに押されたフェデラーは第6ゲームでフォアハンドをネットにかけこの試合初のブレークを与える。その後もブレークバックのチャンスを握ることができないままセットカウント1−1に追いつかれた。

ファイナルセットでも流れを引き戻せなかったフェデラーは、ラリーの末にミスを犯し第1ゲームで先にブレークを許すと、息を吹き返したオジェ アリアシムに4本連続でサービスエースを決められるなどブレークを奪うことができずに1時間44分で力尽きた。

2019年以来2年ぶり11度目の同大会制覇を狙っていたフェデラーだったが、今年は2回戦で姿を消すこととなった。

一方、大会初のベスト8進出を果たしたオジェ アリアシムは準々決勝で世界ランク45位のJ・シュトルフ(ドイツ)と同75位のM・ギロン(アメリカ)のどちらかと対戦する。

同日には第4シードのA・ルブレフ(ロシア)や世界ランク128位のP・コールシュライバー(ドイツ)らが8強へ駒を進めている。

[PR]男子テニスATPツアー500 ハレ/ロンドン

WOWOWオンデマンドで配信!
6/14(月)〜6/20(日)

ウィンブルドンテニス
6/28(月)〜7/11(日)
WOWOWで連日生中継!

■放送&配信スケジュールはこちら>