ドミニク・ティーム
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスで世界ランク5位のD・ティーム(オーストリア)は17日にツイッターで、東京オリンピックを欠場すると発表した。

ティームは「みんなへ、悲しいニュースがある。チームと話し合って状況を分析した結果、東京オリンピックを欠場するとても難しい決断を下すことにした」と報告した。

「全てのアスリート同様、僕にとってオリンピックに出場して国を代表することは、とても光栄なことであるからこの決断はなおさら難しいものだった。でも2021年は予想通りのスタートとはいかず、東京でプレーする準備はできていないと感じた」

「この2週間、ハードなトレーニングを行っている。コンディションと集中力が少しずつ向上し始めている。目標はここからまたしっかり練習して、ウィンブルドンでベストを尽くすこと。そしてトレーニングを続けて全米オープンのタイトルを守りたい」

「東京へ渡るオーストリアチーム全員の最善を祈っている。僕は若いから、2024年にパリでオーストリアのためにプレーできることを願っている。また会おう」

今シーズン、27歳のティームは5月のムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)で4強入りを果たす。しかしその後は前週の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)など2大会連続の初戦敗退を喫し、調子を落としている。

また、同日には世界ランク3位のR・ナダル(スペイン)が28日に開幕するウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)と東京オリンピックの欠場を表明した。

[PR]男子テニスATPツアー500 ハレ/ロンドン

WOWOWオンデマンドで配信!
6/14(月)〜6/20(日)

ウィンブルドンテニス
6/28(月)〜7/11(日)
WOWOWで連日生中継!

■放送&配信スケジュールはこちら>