ウィンブルドン予選第5シードの内山靖崇
画像提供:ゲッティ イメージズ

今月28日に本戦が開幕するウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は20日、男子シングルス予選のドローを発表し、日本勢で出場する内山靖崇、添田豪、伊藤竜馬、望月慎太郎の組み合わせが決定した。

>>ナダル、WB・五輪欠場「正しい決断」<<

予選第5シードで世界ランク117位の内山は、初戦でワイルドカード(主催者推薦)で出場の世界ランク375位のR・ペニストン(イギリス)と対戦。添田豪は同218位のS・スタコフスキ(ウクライナ)、伊藤竜馬は182位のE・イメル(スウェーデン)との組み合わせで、添田と伊藤がそれぞれ勝ち上がった場合は予選決勝で対決する。

ワイルドカード(主催者推薦)で出場する2019年のウィンブルドン ジュニア覇者の望月は、160位のH・ガストン(フランス)と対戦する。

予選は21日より始まり、3試合を勝ち抜くと本戦出場権が得られる。

ウィンブルドンは昨年、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で1968年のオープン化以降で初の中止に。今年は観客を会場のキャパシティの50パーセントを上限に動員するとし、男女シングルスの決勝が行われる7月10日、11日の2日間のみ、100パーセントを迎え入れる予定。

[PR]男子テニスATPツアー500 ハレ/ロンドン

WOWOWオンデマンドで配信!
6/14(月)〜6/20(日)

ウィンブルドンテニス
6/28(月)〜7/11(日)
WOWOWで連日生中継!

■放送&配信スケジュールはこちら>