3回戦で敗れた大坂なおみ
画像提供:ゲッティイメージズ

東京オリンピック(日本/東京、有明テニスの森、ハード)は27日、テニスの女子シングルス3回戦が行われ、第2シードの大坂なおみは世界ランク42位のM・ボンドロウソワ(チェコ)に1-6,4-6のストレートで敗れて、オリンピック初出場はベスト16敗退となった。

>>錦織ら東京オリンピック対戦表<<

>>錦織vsギロン 1ポイント速報<<

1回戦から3日連続で試合が組まれ、この日が3試合目となった大坂。この試合では序盤からミスを重ね第1ゲームでブレークを許す立ち上がりとなる。第3ゲームでもブレークされた大坂は、リターンゲームでは積極的なプレーを披露するボンドロウソワにフォアハンドウィナーやドロップショットを決められるなど苦戦しブレークバックすることができずに4ゲームを連取され第1セットを落とした。

第2セット、大坂は第1ゲームでこの日初めてのブレークに成功すると、強烈なフォアハンドやサービスエースを放つなど主導権を獲得。しかし、第4ゲームではフォアハンドのミスから先行されると、強烈なリターンエースを決められる。最後はダブルフォルトを犯しブレークバックを許すと流れはボンドロウソワに。第10ゲーム、2度目のブレークを許し力尽きた。

大坂は今年5月に行われた全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)の2回戦を棄権し、四大大会初制覇を達成した2018年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)以降うつ病に悩まされていたと公表しツアーから離脱。今大会は約2カ月ぶりの復帰戦だった。

一方、勝利は準々決勝で世界ランク29位のP・バドサ(スペイン)と同38位のN・ポドロスカ(アルゼンチン)のどちらかと対戦する。