逆転負けを喫したジョコビッチ
画像提供:ゲッティ イメージズ

東京オリンピック(日本/東京、ハード)は30日、テニスの男子シングルス準決勝が行われ、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)は第4シードのA・ズベレフ(ドイツ)に6-1, 3-6, 1-6の逆転で敗れ、オリンピック初の決勝進出とはならなかった。さらに1年で全ての四大大会とオリンピックを制覇する『年間ゴールデンスラム』達成の夢は絶たれた。

>>ジョコビッチら東京オリンピック対戦表<<

この日、ジョコビッチはドロップショットを決めるなどでズべレフを翻弄。さらにミスを誘い出し、第3ゲームから5ゲームを連取して第1セットを先取する。

第2セットでは第2ゲームでズべレフにブレークポイントを握られるも、ピンチをしのいでサービスキープ。いら立ちを見せてラケットを叩きつけるズべレフから第5ゲームをブレークするも、第6ゲームから4ゲームを連取されてセットカウント1−1に追いつかれる。

ファイナルセットに入ると失速するジョコビッチはゲームカウント0−4とリードを許すと、その後も主導権を握られて逆転負けを喫した。

銅メダル獲得をかけた3位決定戦で、ジョコビッチは第6シードのP・カレノ=ブスタ(スペイン)と顔を合わせる。

今シーズン、ジョコビッチは全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)、全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)、ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で優勝。

オリンピックと全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)を制すると、女子で元世界ランク1位のS・グラフ(ドイツ)以来となる史上2人目の年間ゴールデンスラムの偉業達成だった。

一方、勝利したズべレフは金メダル獲得をかけた決勝で第12シードのK・ハチャノフ(ロシア)と対戦する。ハチャノフは準決勝でカレノ=ブスタをストレートで下しての勝ち上がり。