今季3勝目を狙うイガ・シフィオンテク
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスのJ&T バンカ・オストラバ・オープン(チェコ/オストラバ、ハード、WTA500)は24日、シングルス準々決勝が行われ、第1シードのI・シフィオンテク(ポーランド)が第7シードのE・リバキナ(カザフスタン)を7-6(7-5), 6-2のストレートで下し、準決勝へ進出した。

>>錦織vsマレー 1ポイント速報<<

>>錦織ら サンディエゴOP組み合わせ<<

シフィオンテクは試合を通してファーストサーブ時のポイント獲得率が76%と高く、8本のダブルフォルトを犯したリバキナからセカンドセットで計3度のブレークに成功し、ストレートで振り切って勝利を手にした。

シフィオンテクは試合後、自身のTwitterを通じて「私にとって重要な試合だった。今日の私のパフォーマンスを楽しんでもらえて嬉しい。明日の準決勝でお会いしましょう」とファンに向けたコメントを投稿した。

シフィオンテクは準決勝で第4シードのM・サッカリ(ギリシャ)と対戦する。サッカリは準々決勝でT・マルティンコバ(チェコ)を7-5, 6-3で下しての勝ち上がり。シフィオンテクとサッカリは今回が2度目の対戦で、今年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)準々決勝ではサッカリが6-4, 6-4で勝利している。

またもう一方の準決勝は、準々決勝で第3シードのB・ベンチッチ(スイス)を6-4, 6-3で下したA・コンタベイト(エストニア)と、J・タイシュマン(スイス)を6-4, 6-4で退けた第2シードのP・クヴィトバ(チェコ)によって争われる。

[PR]男子テニスATPツアー250 メス
9/20(月・祝)〜9/26(日)
男子テニス団体戦 レーバーカップ 欧州選抜vs世界選抜
9/24(金)〜9/26(日)
WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>