デビスカップ
画像提供:ゲッティイメージズ

国際テニス連盟(ITF)とスペインのサッカー選手ジェラール・ピケによって設立された投資団体コスモステニスは5日、男子テニスの国別対抗戦デビスカップ・ファイナルズ2022の詳細を決定した。

>>デビスカップの組み合わせ<<

>>【YouTube】苦手な片手バックハンド高い打点を克服、利き腕と逆側がコツ??<<

ロシアテニス連盟の優勝で閉幕した今年の複数都市開催の成功を受けて、2022年大会では16カ国が4都市で4つのグループに分かれて戦うグループステージが実施される。グループステージの上位8チームは中立の第5開催都市で行われる決勝トーナメントに進む。また、ファイナルズの開催期間はこれまで11日間だったが、1日延長されて12日間となる。

今年のファイナリストであるクロアチアとロシアテニス連盟、そして日曜日にはイギリスとセルビアにワイルドカードが与えられ、4カ国が既に2022年大会の出場権を獲得している。

2019年から新フォーマットに変更されたデビスカップ。ITF会長のデビッド・ハガティ氏は「2018年に掲げたビジョンは、真のテニスのワールドカップを作ることであり、2回の開催ともに達成したことを誇りに思うべき。5都市のモデルはスケジュールの柔軟性を提供し、より多くのファンがデビスカップを楽しむことができ、大会の経済的・商業的な持続性を確保することができる」と語っている。

また、コスモステニスのCEOであるエンリク・ロハスは「今年は複数の会場で開催する方式が非常にうまく機能していることが証明された。予想通り、マドリッドとトリノの両方でとても多くの入場者数を記録した。マドリッドとトリノでは10万5,000人以上の観客が訪れた。2022年に向けて私たちが提案しているフォーマットは、この大会をさらに可視化し世界中のより多くのファンに届けることができると確信している」と述べている。

WOWOWテニスフェスティバル2021
12/12(日)午後4:00
日本の誇る国枝 慎吾・上地 結衣らがトークやエキシビションマッチなどを行なうスペシャルイベントを生中継!

WOWOWで無料放送&WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>