ラファエル・ナダル
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は21日、男子シングルス3回戦が行われ、第6シードのR・ナダル(スペイン)が第28シードのK・ハチャノフ(ロシア)を6-3, 6-2, 3-6, 6-1で破り、6年連続15度目のベスト16進出を果たした。

>>ダニエル 太郎vsシナー 1ポイント速報<<

>>全豪OP男女組み合わせ<<

2009年以来13年ぶり2度目の優勝を狙うナダルは第1セット、ファーストサービスが入った時に100パーセントの確率でポイントを獲得。序盤で3ゲーム連取に成功し先行する。第2セットでは第1ゲームで4度目のブレークチャンスを活かすと第5ゲームでもブレークに成功。セットカウント2−0とリードを広げる。

しかし、第3セット、世界ランク30位のハチャノフに17本のウィナーを決められると第4ゲームでブレークを許しセットカウント2−1とされる。迎えた第4セット、序盤で3ゲーム連取に成功。終盤でも3ゲーム連取に成功し、2時間50分で勝利した。

勝利したナダルは第18シードのA・カラツェフ(ロシア)と世界ランク69位のA・マナリノ(フランス)の勝者と対戦する。

同日には第3シードのA・ズベレフ(ドイツ)、第7シードのM・ベレッティーニ(イタリア)、第14シードのD・シャポバロフ(カナダ)、第17シードのG・モンフィス(フランス)らが16強に駒を進めている。

[PR]全豪オープンテニス
1/17(月)〜30(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信

■放送&配信スケジュールはこちら>