大坂なおみ
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は21日、女子シングルス3回戦が行われ、第13シードの大坂なおみは世界ランク60位のA・アニシモワ(アメリカ)に6-4,3-6,6-7 (5-10)の逆転で敗れ、2年連続4度目のベスト16進出とはならなかった。会見では今後の大会出場について語った。

>>ダニエル 太郎vsシナ― 1ポイント速報<<

>>全豪OP男女組み合わせ<<

初の顔合わせとなったこの試合、ファーストサービスが入った時に76パーセントの確率でポイントを獲得した大坂。第1セットを先取したものの、サービスエースを11本決めたアニシモワに苦戦。第2セットを落とすと第3セットの10ポイントマッチも落とし、2時間15分で力尽きた。

大坂は試合後の会見で今後の大会への出場について言及している。

「正直なところ、今はあまりわからないです。今起こったことを整理しているところ。というのも、急にたくさん試合をすると、あちこち痛くなったりすることがあるので、それを防ぎたいです。練習やトレーニングでもっとやらなければならないことがあるのか、それとももっと試合に出なければならないのか、よく分かりませんけど」

アニシモワは4回戦で、第1シードのA・バーティ(オーストラリア)と対戦する。バーティは3回戦で第30シードのC・ジョルジ(イタリア)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日には第4シードのB・クレチコバ(チェコ)、第5シードのM・サッカリ(ギリシャ)、第8シードのP・バドサ(スペイン)らが16強へ駒を進めた。

[PR]全豪オープンテニス
1/17(月)〜30(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信

■放送&配信スケジュールはこちら>