ラファエル・ナダル
画像提供:Getty

男子テニスで世界ランク5位のR・ナダル(スペイン)は16日、SNSを更新。5月22日に開幕する全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)に向けてクレーコートでトレーニングをする様子を投稿。自身が運営する「ラファ・ナダル・テニスアカデミー」で汗を流したようだ。

ナダルはインスタグラム上で「今日、マナコルのラファ・ナダル・アカデミーで...また水曜日に、パリで会おう」とつづった。

35歳のナダルは前週のBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)で第13シードのD・シャポバロフ(カナダ)に6-1, 5-7, 2-6の逆転で敗れ、昨年王者ながら8強入りを逃していた。

試合後には「復帰してから足の状態が厳しいんだ。何日も続けて練習するのは難しい。そのため最高レベルで戦うためには、うまく動く必要があるけど、その実践ができていない」と明かしていた。

また、全仏オープンに向けてもコメントを残しており、「全仏オープンでは、主治医と一緒に練習する予定だ。そうすることで、いろいろなことができるようになる。まず、痛みを感じないように練習することだね」と言及している。

なお、ナダルは過去に全仏オープンを13度制覇。昨年はN・ジョコビッチ(セルビア)に準決勝で敗れたものの、これまで同大会では105勝3敗の強さを誇る。


この投稿をInstagramで見る

Rafa Nadal(@rafaelnadal)がシェアした投稿



>>ナダルのインスタグラム<<

※訂正2022/5/17 18:15
本文の語表記、決勝戦→準決勝 に修正いたしました。