ダニエル太郎(写真は全仏OP)
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのシンチ・チャンピオンシップス(イギリス/ロンドン、芝、ATP500)は16日、世界ランク84位のダニエル太郎と同94位のT・コキナキス(オーストラリア)のシングルス予選決勝が行われる予定だったが、試合前にコキナキスが棄権したため、ダニエルが初の本戦出場を決めた。

31歳のダニエルは先月の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)1回戦でA・ルブレフに2-6, 7-6 (7-3), 3-6, 5-7で屈し初戦敗退。今大会はそれ以来の実戦であり、ダニエルにとって芝コートシーズンの初戦となる。

予選1回戦では予選第6シードのA・カゾー(フランス)を6-7 (5-7), 6-4, 6-4の逆転で破り、本戦入りに王手をかけた。

そして16日、対戦相手のコキナキスが試合前に棄権を表明したためダニエルが本戦出場を決めた。シンチ・チャンピオンシップスではこれまで2年連続で予選1回戦敗退となっていたため、ダニエルにとって初の本戦出場となる。

棄権が決まった後にインスタグラムのストーリーズ(24時間で消える投稿)を更新したダニエルは「相手の棄権により予選はWO(不戦勝)で本戦へ。タナシー(コキナキス)お大事に。本戦も応援よろしくお願いします」とつづった。


【ディアドラ】最新テニスウエア・シューズ発売中
■今ならソックス全員プレゼント>