1回戦敗退に続いて悲劇に見舞われたクレチコワ

5月26日、昨年、全仏オープンで単複優勝を成し遂げたバルボラ・クレチコワ(チェコ/世界ランク2位)が、SNSで新型コロナウイルスに感染したため、女子ダブルスを欠場すると発表した。



「皆さんこんにちは、大変つらいお知らせなければなりません。ダブルス出場をとても楽しみにしていたのですが、残念ながらローランギャロスでの時間が短縮されることになりました。昨晩から体調が悪くなり、今朝は熱で目が覚めました。PCR検査を受けたところ、新型コロナウイルスの陽性反応が出ました。ダブルスでタイトルを守れないのは非常に残念ですが、ポジティブに考えれば、ケガでなくてよかったし、早く健康になってトレーニングに戻りたいと思います。皆さん、応援ありがとうございました。パリから、おやすみなさい。また会いましょう」とインスタグラムのストーリーズに投稿したクレチコワ。

昨年の全仏オープンでは、シングルス、女子ダブルスと単複優勝。連覇を目指して臨んだ今大会だったが、大会2日目のシングルスでは1回戦で地元フランスの19歳、ディアーヌ・パリー(同97位)に、1-6、6-2、6-3でまさかの逆転負け。
記者会見で「私は肉体的に崩壊してしまった。久しぶりの試合だったから、とても大変だったの。やはり試合と練習は異なるものなの。できるかぎりベストな状況で準備しようとは思っていたけど、ダメだった」とヒジの故障もあって、2月下旬以降出場していなかったことが大きかったと語り、会見の最後には涙を見せていた。

やっと大会に出られたと思ったら、シングルス1回戦敗退に新型コロナウイルス感染。悲劇が重なってしまったクレチコワ、まずは完治させて、また活躍をしてほしい。

著者:Tennis Classic 編集部