現地18日、イギリス/ロンドンで開催されているATP500シンチ選手権でシングルス1回戦が行われ、アンディ・マレー(イギリス)がアレクセイ・ポプリン(オーストラリア)を6-3,3-6,6-3で破り、ツアー1,000試合目を白星で飾った。

同大会歴代最多5冠のマレーは、ポプリンを相手に堂々と戦い、ツアー連敗を4で止めた。ロンドンの観客の声援を受けたマレーは、得意のバックハンドスライスでボールを低く保ち、重要な場面ではフォアハンドで主導権を握った。

ATPによると、マレーはオンコートインタビューで「僕は気づいていなかったんだけど、試合前に母からツアー1,000試合目だと聞いたんだ。多くの試合の中、身体はボロボロだし簡単なことではないけれど、僕はなんとかやり遂げたよ」と述べた。

1時間51分で試合を制したマレーは、2回戦でジョーダン・トンプソン(オーストラリア)と対戦する。元ATPランキング1位のマレーはグラスでは度々ベストレベルを披露しており、ウィンブルドンで2度優勝している(2013、2016)。

1,000試合以上プレイしている現役選手は以下の通り。

・ノバク・ジョコビッチ(セルビア)
 1,324試合/1,105勝219敗

・ラファエル・ナダル(スペイン)
 1,300試合/1,075勝225敗

・フェルナンド・ベルダスコ(スペイン)
 1,006試合/559勝447敗

・リシャール・ガスケ(フランス)
 1,004試合/605勝399敗

・アンディ・マレー(イギリス)
 1,000試合/739勝261敗

また、同日行われた1回戦では、ダニエル太郎が元ウィンブルドンベスト8のテイラー・フリッツ(アメリカ)に3-6,3-6で敗れた。

一方、セバスチャン・コルダ(アメリカ)はカレン・ハチャノフ(ロシア)を7-5,7-6(5)で破り、決勝まで進んだ先週のリベマ・オープンから引き続き好調を維持している。

マッテオ・アルナルディ(イタリア)は、マッチポイントをしのいで、2021年テラ・ウォルトマン・オープン覇者のユーゴ・アンベール(フランス)を3-6,6-1,7-6(6)で破った。

(コメント引用元:https://www.atptour.com/en/news/murray-popyrin-london-2024-tuesday)