TOKYO FMの音声配信プラットフォームAuDee(オーディー)の番組「虹蝶の占い茶寮」(毎週月曜・朝9時配信)。東京池袋占い館セレーネ所属の占い師・虹蝶(こちょう)初の冠番組です。

東京・半蔵門にある“ラジオの中の占いカフェ”「占い茶寮」を舞台に、お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんがMCをつとめるテレビバラエティ番組「THE的中王」(中京テレビ)で3年連続優勝の実績を誇る話題の占い師・虹蝶が、「今週の占い」や「リスナー占い」、ときには芸能人を勝手に(!?)占ったりすることも?
今回の配信では、秋の夜長にオススメの開運映画特集を実施。観るとパワーが出る映画として、2009年公開の映画「イエスマン “YES”は人生のパスワード」を紹介しました。

▶▶「虹蝶の占い茶寮」秋の夜長にオススメの「開運映画」をテレビで話題の占い師・虹蝶が紹介!


占い師・虹蝶



今回は、虹蝶がオススメする「観るとパワーが出る映画」を紹介しました。

映画「イエスマン “YES”は人生のパスワード」
(2009年公開/アメリカ)

ジム・キャリー主演のコメディ映画。仕事でもプライベートでも、とりあえず「NO(ノー)」と答えてしまう、人生に後ろ向きな主人公が自己啓発セミナーに参加する。そこで、どんな頼みごとにも「YES(イエス)」と答えることを約束させられ、人生を変えていく姿を描く。

虹蝶は「“世界をパーッと変えたい!”と思う人にオススメの作品。私たちは、生活していると自分の価値観が固まってきます。人と会うのが面倒になったり、1人でいたほうがラクだなと思うことって多々あると思うんですね。それを極限まで突き詰めて、自分のためだけにお金と時間を使ったほうがラクじゃないか? と考える男性のお話です」とコメント。

主人公の男性は、あることをきっかけに「『YES』を言い続ける(断らない)」誓いを立てることになり、身の回りに変化が起こり始めます。

「気を付けてほしいのは、日本で“イエスマン”というと(信念がなく、何を言われても『はい』と言って、人の言いなりになるような人のことを言い)ネガティブな意味で捉えられることが多いのですが、この映画のイエスマンは、自分が嫌だなと思って受け入れなかったことを、とりあえず肯定してみる、とりあえずやってみる。自分の行動にYESを出してあげる、チャレンジ的な意味でのイエスマンです。非常にスリリングで面白い映画になっています」

開運につながる映画を紹介した虹蝶は、映画の醍醐味は「他人の人生を疑似体験できること」だと話し、「映画だけでなく、音楽でもいいですし、日常にワクワクしたことを見つけるのも開運のヒントかなと思っています」と呼びかけました

番組では他にも“観るとパワーが出る映画”として「アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング」「ビューティー・インサイド」について解説する場面もありました。
▶▶「虹蝶の占い茶寮」

<番組情報>
番組名:虹蝶の占い茶寮
配信日時:毎週月曜・朝9時配信(予定)
パーソナリティ:虹蝶
番組サイト:https://audee.jp/program/show/300005056

■監修者プロフィール:虹蝶(こちょう)
東京池袋占い館セレーネ所属。Ameba占い館SATORI電話占い・殿堂入り占い師。幼少期より感受性が強く、さまざまな霊障体験を持つ。その感性を活かして人の感情や気持ちを読むことができるようになり、現在は占い師として年間1,500人以上を鑑定している。
東京池袋占い館セレーネWebサイト:https://selene-uranai.com/