●巨人−広島(東京ドーム)
【予告・予想先発】
21日(月)直江大輔−九里亜蓮
22日(火)菅野智之−遠藤淳志
23日(水)田口麗斗−野村祐輔

 17〜19日にかけて3連敗した巨人だが、20日のDeNA戦では5対0で完勝。相手の勢いを止める完璧な試合運びだった。直接対決で最低限の結果は残せたので、これからは余裕を持って戦えるはずだ。

 そんな中で迎える初戦先発はエースの菅野ではなく、高卒2年目の直江が務める。DeNAに3連敗しなかったことはこの点でも大きかった。菅野は開幕11連勝中。今季の広島戦はまだ1試合登板のみで、その時は5回4安打2四球無失点という内容だった(7月14日)。打線は3連敗中の3試合で計1得点と貧打が続いたが、丸佳浩の復調で活気付いている。4番の岡本和真はやや心配であるものの、休養を与えながら復活を促したい。

 一方の広島は、エース不在のまま若い投手たちが奮闘している。初戦先発の九里は2連勝中。前回登板では中日のエース・大野雄大に投げ勝って風格が出てきた。2戦目は遠藤、3戦目は3連勝中の野村と予想する。打線は上位チームと引けを取らないだけに、投手が粘れば勝機はある。
 ●阪神−DeNA(甲子園)
【予告・予想先発】
21日(月)岩田稔−京山将弥
22日(火)高橋遥人−坂本裕哉
23日(水)青柳晃洋−上茶谷大河

 1週間開けての2位決戦だ。前回の展望ではどちらかのスイープを期待したが、1勝1敗1分けと完全な痛み分け。今回も同じような展開だと、いよいよ首位・巨人の独走を止めるのは難しくなる。

 ホームの阪神は岩田が今季初先発。昨季のDeNA戦は1試合のみで6回1失点、2018年は2試合で自責1の防御率0.77と本人からすればいいイメージが残っているはずだ。2戦目の高橋はDeNA戦今季初先発。3戦目の青柳は9月9日のゲームで敗戦投手となっており、リベンジを期待したいところだ。打線は、9月の25本塁打がセ・リーグ最多。ただ、2番に入っていた梅野隆太郎の故障離脱が痛い。1番の近本光司も好調なだけに、2番をどう機能させるかがカギになるかもしれない。

 DeNAは、連勝した18、19日の巨人戦は投手陣がゲームを作って、打線が活発に得点を挙げる理想的な試合展開だった。打線はずっと好調なので、投手陣がいかに踏ん張るかだろう。25歳以下の3人で臨むが、失敗を恐れず腕を振っていきたい。打線は故障から復帰したオースティンがまだ本調子ではないものの、その存在感が相手に与える影響は大きい。梶谷隆幸、ソトが調子を上げてきている。佐野恵太も絶好調だ。
 ●中日−ヤクルト(ナゴヤドーム)
【予告・予想先発】
21日(月)勝野昌慶−山中浩史
22日(火)大野雄大−石川雅規
23日(水)岡野祐一郎−歳内宏明

 中日の初戦先発は2年目の勝野。8月1日のヤクルト戦で今季初勝利。ここ4先発はいずれもクォリティ・スタートを記録しており、約3週間ぶりの一軍マウンドで2勝目を狙う。5連続完投勝利のあと、2連敗中の大野は前回登板で5回持たず降板。疲れが溜まっているのかもしれないが、得意のドーム球場で巻き返したい。打線は1番の大島洋平、4番のビシエド、5番の高橋周平と打率の高い選手はいるのだが、機能しているとは言い難い。全体の選手層の薄さも関係しているが、そろそろ決まり切った並びから変更してもいいのではないか。若手への切り替えも必要だろう。

 ヤクルトは、独立リーグから加入した歳内の登板試合から3連勝。いいカンフル剤になっているのだろう。打線は19日の広島戦で初回先頭から三者連続本塁打を記録するなど好調。もっとも、ホームの神宮球場では44試合で56本塁打を記録しているのに対し、ビジターでは34試合で20本のみ。しかも投手有利のナゴヤドームとあって苦戦が予想される。そんな中、1番に入って売り出し中の濱田太貴に注目したい。思い切りのいいフルスウィングは若い頃の山田哲人に似ていて、期待感を抱かせる。
 ●巨人−中日(東京ドーム)
【予想先発】
25日(金)戸郷翔征−柳裕也
26日(土)サンチェス−福谷浩司
27日(日)畠世周−松葉貴大

 初戦先発予想の戸郷は現在2連敗中。前回登板では5回6失点と粘りきれなかった。もともと週末のカードでは脆さを見せていた巨人は戸郷をカード頭に回すことで、状況の打開を図ってきたが、今は正念場になってきている。そんな最中に、メルセデスがまたも故障離脱した。サンチェスを土曜に回すと予想したが、週末の3試合をどう戦うか注目したい。

 中日は初戦先発予定の柳が巨人戦今季初登板となる。昨季は3登板で防御率5.50と内容は良くなかった。現在も調子はいまひとつだが、苦手意識を作らないためにも踏ん張りたい。一方。大野雄に次ぐ4勝を挙げている福谷は投げるたびにピッチングの強さが増している印象だ。打線ではビシエドが東京ドームで今季すでに3本塁打を放っている。
 ●広島−DeNA(マツダスタジアム)
【予想先発】
25日(金)床田寛樹−井納翔一
26日(土)森下暢仁−浜口遥大
27日(日)中村祐太−大貫晋一

 対戦成績では広島が5勝10敗と大きく負け越し。しかもマツダスタジアムでは5連敗中と屈辱を味わっており、何とか状況を打開したいところだ。

 初戦先発が予想される常田は現在5連敗中。18日のヤクルト戦では4.1回10安打8失点と大炎上した。また、2戦目先発予定の森下は、セ・リーグで唯一勝ち星を挙げていないのがこのDeNA戦。戸郷翔征(巨人)と争う新人王レースで差をつけるためにも、白星を手にしたいところだろう。

 一方、DeNAは今季マツダスタジアムでの8試合で打率.330、54得点と大暴れ。特にソトは打率.412、4本塁打、15打点(!)と手がつけられない。広島投手陣とすれば、まずこのソトを何とか封じる必要があるだろう。
 ●ヤクルト−阪神(神宮)
【予想先発】
25日(金)スアレス−西勇輝
26日(土)吉田大喜−秋山拓巳
27日(日)小川泰弘−藤浪晋太郎

 最下位に沈むヤクルトはホームで勝ち越している阪神を迎える。初戦はスアレス 、2戦目は吉田大喜と予想したが、高梨裕稔の可能性もある。相手投手陣が手強い陣容を並べてくるだけに、いかに打ち崩せるか。初戦の西勇から主砲の村上宗隆が1本塁打を放っている。村上の前に走者を出したい。

 阪神は日程の関係で西勇が中7日での先発になりそう。2試合連続完封勝利中だけに、体力回復という観点からも大きい。初戦を西勇で勝って、防御率2.75で5勝を挙げている好調の秋山と続く。3戦目は藤浪と予想した。二軍での登板は圧巻の7回5安打1失点14奪三振。やはり一軍で投げるべき投手だ。

取材・文●氏原英明(ベースボールジャーナリスト)

【著者プロフィール】
うじはら・ひであき/1977年生まれ。日本のプロ・アマを取材するベースボールジャーナリスト。『スラッガー』をはじめ、数々のウェブ媒体などでも活躍を続ける。近著に『甲子園という病』(新潮社)、『メジャーをかなえた雄星ノート』(文藝春秋社)では監修を務めた。

【PHOTO】ファンの心を鷲掴み!イケメンプロ野球選手を厳選!