競泳の池江璃花子が21日、自身のTwitter(@rikakoikee)を更新。明らかな肉体の変化が分かる2枚の写真を投稿し、「本当にすごい」「努力の賜物」と話題を呼んでいる。

【PHOTO】いつもその笑顔に癒される…白血病からの復帰を目指す”池江璃花子”特選フォトギャラリー

 池江が「最近腕太くなったねって言われること多くなった。間違いない!!」とコメントを添えて投稿したのは、約8か月前と現在の比較画像だ。左手を曲げて力こぶを作る二枚の自撮り写真には、「2020/9/21」「2020/1/28」と日付が振られている。二つの画像はまるで別人。最新画像の池江は腕全体に力がみなぎっており、完全にアスリートのそれになっている。この8か月間でいかにハードなトレーニングを積んできたかが一目で分かる写真だ。
  この投稿に国内外のファン・フォロワーが、驚きと歓喜、そして感動のコメントを寄せている。

「努力の証ですね。本当に素敵です」
「1年も経っていないのに、こんなに復活しているなんて凄い」
「きっと白血病、これから移植する、また移植後患者さんたちの希望の星です」
「凄まじくカッコイイ!いつも璃花子さんには勇気もらってる」
「池江さんの凄い根性と精神力に脱帽です」
「素晴らしい!池江さんの努力を見習い自分もあらゆることに努力しようと思います!」
「投稿を見る度に力をもらっています。心から応援しています」

 池江は昨年2月に白血病の診断を受けて長期休養を強いられていたが、今年8月の『東京都特別大会』で競技に復帰。女子50メートル自由形で26秒32を記録し、目標に掲げていた日本大学選手権(インカレ)標準タイムを突破した。今後は10月に行なわれるインカレへの出場を予定している。その行動と発言で様々な人に勇気を与える20歳の、さらなる活躍を祈らずにはいられない。

構成●THE DIGEST編集部

pic.twitter.com/qf8NsDy87D

— 池江 璃花子 (@rikakoikee) September 21, 2020