2021年のF1・開幕戦、バーレーンGPまでおよそ2カ月。新型コロナウイルスによる経済的影響でプレシーズンテストの日数が前年の6日から3日に半減し、例年2月後半から2回にわたって行なわれるテストの回数も開幕を2週間前に控えた時期の1回のみとなった。

 ルイス・ハミルトンがいまだに契約を延長せず、不確定な要素もあるが、現状の情報を元に2021年シーズンのラインナップを2回に分けて考察してみたい。

【メルセデスAMG・ペトロナス・F1】
#44 ルイス・ハミルトン(?)
#77 バルテリ・ボッタス

 年間4,000万ユーロ(約50億円)+ボーナスの長期契約を望むルイス・ハミルトンとの契約交渉が難航しているといわれているが、2021年もハミルトンとバルテリ・ボッタスのコンビでおそらく参戦することになるだろう。

 2020年に効果を発揮した2つのステアリング軸を持つ『DAS(Dual Axis Steering)』システムが使えなくなるなど、全く不安要素が無い訳ではないが、今シーズンもメルセデス優位は揺るがない。

 すでに95勝を挙げているハミルトンが、自身の持つ最多勝記録をさらに伸ばして通算100勝の大台に乗せ、ミハエル・シューマッハと現在並んでいる最多タイの7回を超える8回目の王座に就く可能性はかなり高い。

 一方、在籍5年目となるボッタスにとっては正念場の1年となる。昨季2勝を挙げ、ランキング2位は守ったが、COVID-19に罹患したハミルトンの代役でサヒールGPに出走した、メルセデス育成ドライバーのジョージ・ラッセルが優勝目前の走りを見せるなど、尻に火がついた状態だけにディフェンディングチャンピオンにどこまで対抗できるかに今後のキャリアがかかっている。
 【レッドブル・レーシング・ホンダ】
#11 セルジオ・ペレス
#33 マックス・フェルスタッペン

 メルセデスとホンダのパワーユニットには20〜30馬力の差があるとされ、RB16のリアエンドの挙動がセンシティブだったこともあり、去年もランキング3位とメルセデス勢の後塵を拝したが、やはり打倒ハミルトンの最右翼といえるのは、ホンダ陣営のエース、マックス・フェルスタッペンだろう。

 テクニカルディレクターのエイドリアン・ニューウェイは、ニューマシン、RB16Bのリアウィング支持方法、ディフューザーのデザインに影響を及ぼすギアボックスケースの形状に大きく手を入れ、F1ラストシーズンに懸けるホンダも有終の美を飾るべく、燃効率のさらなる向上やエレクトロニクスコンポーネントの見直しに取り組んでいるという。

 注目されたもう1人のドライバーは、メキシコ出身のベテラン、セルジオ・ペレスに落ち着いた。2020年はシーズン半ば、新型コロナウイルスに感染して2戦を欠場。その後、実力以外の要素により翌シーズンのシートを失う形となり、不運が続いたが、終盤のサヒールGPで優勝してから流れが変わってきた。レーシング・ポイント時代にはメルセデスのパワーユニットで走っており、そのノウハウをもたらすことも期待されての起用のようだ。

 なお、昨年までのレギュラードライバー、アレクサンダー・アルボンはリザーブに回り、DTM(ドイツツーリングカー選手権)に参戦する模様だ。
 【マクラーレン・メルセデス】
#3 ダニエル・リカルド
#4 ランド・ノリス

 2019年のコンストラクターズランキング4位から3位へと順位を上げたマクラーレンは、パワーユニットをルノーからメルセデスにスイッチし、ランド・ノリスとダニエル・リカルドのコンビでさらなる躍進を狙う。マクラーレンがメルセデスと組むのは2014年以来となる。

 デビューから在籍3年目を迎えるイギリス出身の21歳、ノリスは、新年早々、コロナウイルスに感染し、出鼻をくじかれた格好だが、去年の開幕戦オーストリアGPでは、混戦の中、怒濤の追い上げで3位表彰台を獲得するなど、実力は十分だ。新しいパッケージに対しても「これまでよりはるかに優れているはずさ。そしてそれは僕らに自信を与えてくれ、トップに向かって前進させてくれると確信しているよ」と期待を膨らませている。

 ルノーから移籍したリカルドは、ここ1〜2年、マシンの競争力不足で中団を走ることも多かったが、2020年はアイフェルGPとエミリア・ロマーニャGPで3位に入り、状況次第でいまだにトップクラスの速さを発揮できることを証明した。レッドブル時代に通算7勝を挙げており、マシンの仕上がり次第では、伸び盛りのノリスと一緒に昨年のレーシング・ポイントのような台風の目となるかもしれない。
 【アストンマーティン・コグニザント・F1】
#5 セバスチャン・ベッテル
#18 ランス・ストロール

 チーム・オーナーのローレンス・ストロール率いる企業グループが、イギリスの自動車メーカー『アストンマーティン』の大株主となったことによりレーシング・ポイントからチーム名を改称。新加入のセバスチャン・ベッテルとチーム・オーナーの息子でもあるランス・ストロールの布陣で臨む。

 アストンマーティンとしてF1に参戦するのは1960年以来、61年ぶりとなるが、他のメーカーと違い、あくまでもチーム名としてだけであり、引き続き、メルセデスのパワーユニットで戦う。

 昨年フェラーリで不遇をかこっていたベッテルだが、第14戦トルコGP3位表彰台に立ち、シーズン終盤に復調の兆しを見せた。2010年には23歳134日で史上最年少王者に輝き、2013年まで4年連続でタイトルを獲得したドライバーだけに、新天地で復活できるかに注目だ。

 親の七光りの印象が強いストロールもヨーロッパF3でチャンピオンを獲得した経歴を持ち、決して遅いドライバーではない。雨に見舞われた昨年のトルコGP予選では状況に応じたタイヤ選択が功を奏し、初めてのポールポジションを獲得。イタリアGPとサヒールGPでは3位に入っている。

 チームは今年に入り、アメリカに本社を置く多国籍IT企業、コグニザントとタイトルスポンサー契約を締結したことを発表した。
 【アルピーヌ・F1チーム】
#14 フェルナンド・アロンソ
#31 エステバン・オコン

 マーケティング的な理由により『ルノー』からグループ・ブランドの『アルピーヌ』に名称を変更したチームのトピックは、2度のF1王者、フェルナンド・アロンソの復帰だろう。一旦、F1を離れる前は“現役最強ドライバー”の名を欲しいままにしていたスペインの英雄も7月には40歳を迎えるため、以前のスピードを維持しているか懸念されたが、2年のブランクがあることから特別に参加を許可された12月のF1ヤングドライバーテストでトップタイムをマーク。健在ぶりをアピールした。

 チームメイトとなる24歳のフランス人ドライバー、エステバン・オコンは昨年のサヒールGPで初ポディウムとなる2位フィニッシュ。ルノーのパワーユニットは出力でホンダを上回っているともいわれており、レース展開次第では再び表彰台争いを繰り広げる可能性も十分だ。
  昨年、2輪の最高峰カテゴリー、MotoGPでチームマネージャーとしてスズキをダブルタイトルに導いたダビデ・ブリビオが、レーシングディレクターとして加わったこともニュースとなった。他のメーカーに比べて予算の少ないスズキで振るった手腕をメルセデス、レッドブル、フェラーリに予算規模で劣る新生チームでも発揮できるかに期待が集まる。

文●甘利隆
著者プロフィール/東京造形大学デザイン科卒業。都内デザイン事務所、『サイクルサウンズ』編集部、広告代理店等を経てフリーランス。Twitter:ama_super