日本人選手初となるマスターズ制覇を果たした松山英樹が5月11日(日本時間12日)、男子ゴルフの米国ツアー『AT&Tバイロンネルソン』(13〜16日/米テキサス州TPCクレイグランチ)の公式会見に出席した。

【PHOTO】ツアー復帰戦を迎える松山英樹、日本中に感動を呼んだ「マスターズ」の激闘を厳選フォトで一挙お届け!

 10日にアウトの9ホールを回り、復帰戦のコースへ「とてもいい感触で回れるイメージはある」と確かな手応えを明かした松山。ただ、一時帰国した際に2週間の隔離生活を送ったこともあり、「(練習は)今週入ってからちゃんとやり始めたくらい」だという。

 次週に米メジャー2戦目の『全米プロゴルフ選手権』も控えるマスターズ王者だが、現在の目標は「今週まず自分を良い状態にするのが大事」とのこと。「時間がかかりそうな雰囲気はありますけど、頑張りたい」と、今後の戦いへの意気込みを示している。
  また、日本では五輪開催についての賛否が分かれているが、これには「無事に開催されるのであれば金メダルを目指したい」と一選手としての心境をコメント。そのうえで「日本はすごく感染者数も増えて大変な状況だと思うので、一概に五輪五輪というのは僕は考えられない」と発信し、次のように続けた。

「ほかの競技の人も4年に一回しかない、今年だったら5年に1回というところで賭けている思いは僕にはわからない。その人たちにやって欲しいという気持ちはありますけど、今の状況を考えるとそれはどうなのかなとか。いろんな複雑な気持ちではあります」

 マスターズ王者として高い注目を集める松山。はたして今大会はどんなパフォーマンスを見せてくれるのか。さらなる活躍に期待したい。

構成●THE DIGEST編集部